Powered by こたろう博物学研究所

[KOMIL:KOtaro's Miscellaneous Information Laboratory] 
Copyright (C) Kotaro Iseki (1996〜2022).  All rights reserved

こたろう博物館 エントランス
 こたろう博物学研究所トップ../index.htmlページに戻る】 

こたろう博物館は、こたろう博物学研究所・いせきこたろうが個人で開設する「私設博物館」「私設図書館」(いずれも有料)です。
図書館については、貸出不可・館内閲覧のみとなりますので、あらかじめご了承ください。
なお、駐車場を用意しておりませんので、できるだけ公共機関をご利用の上、ご来館ください。
JR伊予市駅・伊予鉄郡中線郡中港駅から徒歩1分です。

●こたろう博物館ってどんな施設なの?

こたろう博物館は、
M 博物館
(Museum)
音楽室
(Music)
L 図書館
(Library)
学習室
(Learning)
A 文書館
(Archives)
野外活動
(Activity)
これらを全て一個人の手で構築・運営するという、いわば「ひとりMLA」の実現を目指しています。
詳しい内容については、上の表から各機能のリンクをたどってみてください。
 
開館日 : 毎週曜日〜曜日

※時折、取材等の都合で不定休、開館時間変更を行いますが、ご容赦ください。
 変更予定はFacebookで可能な限り告知いたします。
 https://www.facebook.com/kotaro.MLA/

●2022年11月開館予定
2022年11月開館予定表の2022年11月21日付け最新版です。

以下の日時で、ウェビナー視聴を予定しています。
一緒に見る方が居られるようでしたら、プロジェクタに投影します。ふらりとお立ち寄りください。
11/25 10:15〜11:45 「図書館情報学」
11/27 14;30〜15:30 「地域歴史資料を未来につなぐ」

11/26は所用のため、午前中閉館します。

●2022年12月開館予定
2022年12月開館予定表の2022年11月21日付け最新版です。

 

以下の日時で、ウェビナー視聴を予定しています。
一緒に見る方が居られるようでしたら、プロジェクタに投影します。ふらりとお立ち寄りください。
12/10 14:00〜15:30 「生物の形と模様ができる仕組み」
 

こたろう博物館OMOSHIRO講座(第3回)
2022年12月3日(土曜日)の18:30から「まちの縁側・ミュゼ灘屋」で実施します。
今回のお題目は「わが旅の流儀」。

何やら説教臭い話のようなタイトルですが、副題は「どのように旅するか? 旅の記録をどう纏めるか?」となっておりまして、約30年にわたる「愛媛研究」の成れの果てみたいな「旅と記録の方法」について、面白可笑しく喋るつもりです。
「絶景」「美味」「感動」といったものを求める旅から、「記録」「連想」を膨らませる旅へ。近代ツーリズムの一つの方法論を通じて、地域おこしや地域観光への足掛かりが得られるかもしれません。
参加表明とかは、ミュゼ灘屋さんのイベント告知、こちらよりお願いします。
 
 

開館時間: 10:00〜19:00(これも一応の目安とお考えください。)
こたろう博物館の場所

所在地:愛媛県伊予市灘町60-3
 

Google Mapで場所を確認

こたろう博物館所報
こたろう博物学研究所およびこたろう博物館の活動に関する告知・結果報告など、新聞形式でお伝えしていきます。
こたろう博物館のロゴです。
「いよぞう」と名付けています。
 博物館内に来館記念スタンプ(消しゴムはんこ)を用意してますので、来館の折には御朱印帳などをぜひご持参ください。
 (御利益は保証いたしかねますが。)

  友人が開館を祝して、ロゴキャラクタに合う砥部焼の人形をプレゼントしてくれました。
「こたぞう」と命名しました。良き相棒として、共に活動していきます。
 

こたろう博物館にリンクを貼られる方がおられましたら、下のバナーをご利用ください。

トップページに戻る


ご意見・ご感想は
   kotaro@kotaro-iseki.net
    
    Facebook 「こたろう博物館」 あるいは 「いせきこたろう」 

まで