[KOMIL:KOtaro's Miscellaneous Information Laboratory] 
Copyright (C) Kotaro Iseki (1996〜2014).  All rights reserved
音楽 主観的音楽論
 【トップページ

メジャーとマイナー

ギターを演ってる人ならば、「メジャー」「マイナー」といえば和音(コード、chord)を指すことを思い浮かべることやろ。
日本語で言えば、正確には長三和音(ちょうさんわおん)、短三和音(たんさんわおん)のことじゃね。

C(Cメジャー)という和音は{ド、ミ、ソ}={C、E、G}という音を重ねたもの。
非常に明るく聞こえらい。

一方、Cm(Cマイナー)という和音は{ド、ミ♭、ソ}={C、E♭、G}という音を重ねたもの。
淋しげな響きよね。

メジャーとマイナー。三つの音のうち、二つは同じ。
真ん中の音が半音違うだけなのに、正反対の響きに聞こえるのはなんでじゃろ。

この疑問はギターを弾き始めたことがらずっと抱いとった。

50歳を過ぎて、一つの答えらしきものが見えてきたような気がすらい。
しかも前回の記事を書いてる途中で。

C、Cmコードの構成音の周波数を抜き出してみると、
G 391.9954359516
E 329.6275568495
D# 311.1269836504
C 261.6255652101

これを全部、Cの周波数261.6255652101Hzで割ってみると、概ね
G=1.5
E =1.25
D=1.2
C=1
という数字にならい。

Cコード={1、1.25、1.5}
1オクターブを4等分した音から成る=規則性の強い音の集合=安定=明るい

Cmコード={1、1.2、1.5}
1オクターブの1/5、1/2の音から成る=規則性が複雑化する=若干不安=暗い

ってことやないやろかね?

和音には何らかの法則性がある。

規則性が見い出せない=かなり不安定=和音とならない
ってことやろな。

(2015年1月18日、Facebookにて)

トップページに戻る


ご意見・ご感想は
    kotaro@a1.mbn.or.jp    kotaro@kotaro-iseki.net
ま で