[KOMIL:KOtaro's Miscellaneous 
Information Laboratory]
Copyright (C) Kotaro Iseki (1996〜2016).
All rights reserved
こたろう博物学研究所
探訪記録:2012年

トップページに戻る

インデックスに戻る

走り書きメモで、読みにくいとは思いますが、こらえてつかぁさい。
 
2012/12/23 松前町 

2012/12/22 北条市 
写真が消えてしまった・・・。 

2012/12/12 今治 


 
2012/11/25 涌ヶ淵公園 

2012/11/16 松山市花園町 

2012/11/3 砥部町 


 
2012/10/20 大洲 
西垣生?(タクシー)〜JR伊予市 1,750円〜伊予市?(JR 特急 宇和海5号(1055D))〜伊予大洲 1,250円=740円+510円
※中山通過:川崎天満宮の幟が見える。
 

 
2012/9/9 
松山市考古館 
 

 
2012/8/23 大峯鉱山 

2012/8/18 五明へ

2012/8/17 野村へ帰省 
フレッシュパークからり 
清流の郷・ひじかわ 
こけむしろ 
 


 


2012年7月22日(日)
●伊予市立図書館 
●愛媛県立図書館 
●二之丸史跡庭園



2012年7月21日(土)
●松山市考古館
・ホームページで「忽那諸島の歴史を訪ねて」という小冊子を無料配布しているとの情報を得て、早速足を運ぶ。 
●前期展「掘ったぞな松山2012」
・ちょうど、企画展示をやっていた。
●大連古代蓮
・ちょうど開花期を迎えていた。
●弁天山古墳の箱式石棺 
●宮前川遺跡の神木
●常夜灯
・「奉燈」「文化十四年丁丑八月」
●大徳寺
・宗派:真言宗 
・山号:五智山 
・院号:無量院
●六地蔵 
●地蔵堂

●地蔵立像 
●地蔵坐像
●法華教一字一石塔
・「文政八酉年七月吉辰」「中津組一色政之丞」
●寺号碑 
●山門
●山号額「五智山」
●本堂
・松山新四国霊場第七番
●大師堂
・金色の大師坐像が祀られている。
●水子地蔵 

●忽那神社 
●素鵞神社
●大楠 
●手水石
・楠の根元に置かれている。
●拝殿
・本殿(小社)の後ろ側に石が祀られている。



2012年7月15日(日)
西条市散策



2012年7月8日(日)

●矢野地蔵

●善正寺

・浄土真宗本願寺派 
・松光山 
●灯籠 
●本堂 
●瓦 
●「倶会一処」墓碑? 
・自然石(青石) 
・『阿弥陀経』には「倶会一処」(くえいっしょ)という言葉が出てくる。これは「ともに一つのところで会う」という意味。浄土真宗の墓に刻まれる。

・松前町のマンホールは向日葵の花を象っている。

●八幡社

●大智院

・浄土宗 
●寺号碑 
●山門 
●後藤又兵衛供養塔(五輪塔) 
●石憧 
●「倶会一処」墓碑 
※浄土宗でもこの文字を刻むのか? 
●雪勝桜 
・根元には地蔵一体。 
●六地蔵 
・二石六体

●灯籠の竿(?) 
・石鉄山大権現、金比羅大権現、天照皇太神宮、秋葉大権現、瑜伽大権現 

●国近川
 


 


2012年6月24日(日)
●長泉寺(伊予市)
・真言宗智山派 醫王山 瑠璃光院 
・本尊:十一面観世音菩薩 
●史蹟 大坂陣の豪将 後藤又兵衛基次公菩提所 
・昭和六十三年十一月二十九日 伊予市教育委員会 

後藤又兵衛基次は播州姫路の生んだ人で、黒田孝高(如水)の子長政につかえた。戦場では一騎駈けをせず、全局面を見とおし戦機を一瞬に把握する力を持っており、一軍を統率する智勇を兼ね備えた武将で秀吉からも愛された。 
元和元年(一六一五)大阪夏の陣で道明寺の戦に敗れ、小松山で戦死した。 
又兵衛の首は、従者吉村武衛門によって戦後ひそかに泥田から掘り出され、遺言通り伯父のいる長泉寺へ持ち帰りねんごろに葬ったと伝えられている。 
長泉寺は又兵衛の母方の伯父藤岡九兵衛が住職となっていた寺であり、又兵衛が筑前小隈の城をすて、故郷へ帰る途中立ち寄った所である。 
昭和六十三年十一月二十九日 伊予市教育委員会 

●坂村真民詩碑「念ずれば花ひらく」 
●しあわせ観音 
●山門 
・醫王山の山号額が架かっている。 
●地蔵菩薩坐像3体 
●造林記念碑 
●六地蔵(舟形6体) 
●地蔵菩薩坐像 
・「三界萬霊」 
●水子地蔵尊 
●石仏数体 
・享保八年(天年号)のものあり。 
●宝篋印塔 
●住職墓碑? 
・碑前に五輪塔あり。 
●長泉寺層塔 
・左右に沢山の五輪塔あり。 
●織部灯籠 
●太平洋戦争戦死者墓碑 
●無縁墓碑 
・五輪塔が幾つか見られる。
●正圓寺(伊予市)
●石垣に埋まった地蔵 
●地蔵菩薩 
●道標 
●一字一石大乗妙典塔 
●山門 
●水盤 
●宝篋印塔 
●弘法大師像 
●拝殿 
●熊野権現 
●句碑 
●句碑 
●大松供養塔



2012年6月16日(土)
●東温市 
・石岡ひとみさんの講演「東温市のやきもの」(東温史談会主催)を聴講しにいく。 
※見奈良駅から松山市駅に至る電車の中、途中で乗り込んできて向かいに坐った爺さんが、大きなくしゃみをして車内の空気が静まる。隣に坐っていたオジさんは、たまらず席を移動する。反対側の隣に坐っていた女性は、何食わぬ顔して転た寝をしていた。僕の真向かいに坐っていた女子高生は、笑いを必死に堪えていた。それがおかしくて、思わず吹き出しそうになった。 
●法龍寺
・禅曹洞宗 佛國山 
●五輪塔 
●水子子育観世音菩薩 
●大きさが不揃いな六地蔵 
●織部灯籠 
●正岡子規の句 
「せんつば(箱庭) せんつばや 野分のあとの 花白し 明治二十九年 正岡子規」 
●常夜灯 
●正岡子規句碑 
「栗の穂の ここを叩くな この墓を」 
●末広学校・正岡家墓地跡 
●正岡子規母堂令妹邸跡
●水野広徳之墓所 
●野間叟柳墓所 
●伊予鉄高島屋



2012年6月10日(日)

●市場かわらがはな古代窯跡群(伊予市市場向井原)
●ラントウ墓
●大導寺墓地
●女の戒名のみを刻んだ墓碑 
●屋根付き墓碑 
●板碑型墓碑 
●板碑型墓碑+一石五輪塔
●宮領八幡宮

●第1市場高架橋

●碑

●碑

●梶畑集会所
● 
●一字一石塔 
●六地蔵 
●枇杷畑の中の石室
●ソテツ

●善正寺

●善正寺橋
・森川 
・昭和51年3月竣工
●大平地蔵堂
・ 
●金比羅宮
●路傍の石仏
・馬場五輪塔の下。
●馬場五輪塔

●路傍の石仏

●堂ノ奥川
・森川水系 
・土石流危険渓流
●圃場整備記念碑

●路傍の石仏

●東野谷川
・森川水系 
・土石流危険渓流
●五輪塔残欠と瓦宮

●妙見神社

●下寺谷川
・森川水系 
・土石流危険渓流
●砥ノ谷川
・森川水系 
・土石流危険渓流
●森川
・森川水系 
・土石流危険渓流
●向山川
・森川水系 
・土石流危険渓流
●道標
・「右上唐川本谷道」「左両沢」
●壊れた時計台 
●浜出稲荷神社
●大西要
●砥谷山開発記念碑

●道標
・「からかわ本道」「つくら道」
●無縁墓碑

●長崎谷川
・森川水系 
・土石流危険渓流
●碑

●路傍の石仏
・長崎谷に至る道の脇に二体の石仏がある。
●中御前神社

●南山崎小学校
・ 
●南山崎中学校ゆかりの地

・国道56号、ラーメンショップの上側の路傍 
●五輪塔 
●七地蔵 
●?
●新田神社

●馬渡橋



2012年6月7日(木)
●生石八幡神社



2012年6月3日(日)
●素鵞神社(東温市見奈良846)
●森正雄翁頌徳碑 
●神名石「素鵞神社」 
●末社
・神名石の東に小社有り。社名不詳。
●注連石 
●狛犬
・昭和15年5月。
●常夜灯 
●日露戦捷記念碑
・明治40年3月建立。
●神名石「竈大神社」
・御大典記念
●常夜灯 
●手水石 
●百度石 
●末社
・台座はあるが社殿はない。恵比須・大黒天などの像が多数。
●拝殿 
●本殿

●隻手薬師 香積寺
●六地蔵 

●実盛塔
「斎藤別当」と刻む。
●當山大行動建立記念之碑

●長善寺

●西林寺

●札始大師堂

 


 
2012年5月27日(日)
・13:30〜17:00、埋蔵文化財センターにて愛媛考古学協会例会が開催されていたので、聴講。



2012年5月18日(金)〜5月19日(土)

■5月18日(金)
しまなみライナー きららエキスプレス

【尾道】 
●尾道城

「尾道にお城なんかあったっけ?」 
以前に訪れたときの記憶は完全に消え去っている。 
尾道へとバスで向かう途中、山の西端に天守閣らしきものが見える。 
多分、今治にある「今治城と錯覚してしまいがちな某建築物」と似たようなものであろうと思っていた。 

尾道城(おのみちじょう)は、1964年(昭和39年)に建てられた、広島県尾道市にある千光寺公園の西展望台である。天守閣風建築物。 

・「尾道らーめん」は名高いが、「尾道ベッチャーらーめん」は聞いたことがなかった。 

●蘇和稲荷神社【尾道市東御所町】

●尾道駅前地区第一種市街地再開発事業 ベルポート完成記念モニュメント

●足形みち
各種著名人の足形プレートが、商店街までの歩道の脇に置かれている。 
足形みちマップあり。(★http://www.ononavi.jp/fan/download/からダウンロード可能。)

●林芙美子の銅像
尾道駅の東、商店街アーケード入り口にある。 
 

●うす潮小路

★うず潮橋
土堂小学校への坂道の入り口に架かる陸橋。 

●石畳小路
桂馬蒲鉾商店(http://www.keima-kamaboko.com/top.html)の手前に石碑あり。

●奉行所跡
広場になっている。 
ここにも足形プレートがある。足形プレートマップには位置が記されていない。

●尾道商工会議所
まちかど観光案内のおねえさんに尾道周辺の観光パンフ一式を頂戴する。 
おのみち「てっぱん」展をやっていたが、ゆっくり見ることができず。残念。

広場には公衆トイレあり。 
おのみちめぐり支援自販機あり。 


てっぱん坂のみちしるべと書かれた看板がある。玄関にはオバQの電動遊具(馬乗りになる)が置かれている。 
建物の中には、NHKの連続ドラマ「てっぱん」のセットが展示してある。
 

●渡し場通り
ガス灯がレトロで良い感じ。尾道商工会議所百周年記念として1992年に設けられたもの。

●尾道渡船フェリー乗り場
第一しまなみが着岸していた。 
「連続テレビ小説「てっぱん」ロケ風景」の看板が立てられている。向島側のりば、桟橋側から見た風景が写真付きで紹介されている。向島側のりばには、映画「あした」のセットも保存しているようだ。

●銅像「渚」 
・淀井敏夫作(1992) 

昼食はJR尾道駅前の「味麺」。尾道ラーメンを食す。お値段は550円。 

三原市街地の北に綺麗な三角錐の山が聳えている。それほど標高は高くなさそうだが山容は美しい。絶対に名のある山だと思ったのだが、誰に聞いても名を知らぬという。スマホでGoogleの地図を表示してもらうと、山のある辺りは桜山町といい、この山があるだけで人は住んでいないとか。「桜山という名前で間違いないと思うよ」とのこと。 
当日夜および翌日の散歩で、この山が桜山で間違いないことが判明。 

【三原市】 

●地下道「やっさ踊り」の壁画 

●やっさ踊りの像

●興安丸の錨
三原浮城ライオンズクラブ CN40周年記念事業 2004.3.20

●小早川氏城跡三原城跡

●桜山 


女流詩人 武内俊子 生誕の地 三原 
かもめの水兵さんの作詞者。 



■5月19日(土) 

●三原市内のマンホール
・やっさ踊りをモチーフにしたもの。

●広島大学附属三原小学校
Mihara Educational Institution 
attached to Hiroshima University 
SINCE 1911

●三原城東大手門跡【三原市館町二丁目6】 

●恵比須神社【三原市館町二丁目6】 

●桜山登山道【三原市館町二丁目6】 

●神明大橋(しんめいおおはし) 
・和久原川(わくばらがわ)に架かる。親柱上に球形の達磨像が。 
・建設年月日不詳。 

●善教寺
・浄土真宗 

●文化年間伊能忠敬観測地
・善教入り口に石碑あり。 
・平成十年、みはら歴史と観光の会の建立。 
・幕府天文方。文化三年(1806)、文化六年(1809)測量。
●寺号碑
・平成二年五月建立。
●親鸞聖人像 
「無量寿」と記された碑あり。 
●二代灌漑房碑 
●灌漑房碑

●燈籠 
●大銀杏

●浜之丁公民館/胡神社 

●冨田住宅 

●酔心山根本店

●胡神社
・一見、普通の民家である。

●熊野神社(籠怒神社(かごぬじんじゃ))【三原市東町三丁目9-6】

●狛犬 
●燈籠 
●鳥居 
●巨楠 
●三原新四国第五十三番 からすみ社 
●法界萬霊塔
・右から一番目。
●庚申供養塔
・右から二番目。 
・元文二丁巳天十一月。 ※天年号。
●庚申供養塔
・右から四番目。 
・享保九天。 ※天年号。

●極楽寺
・浄土宗 

●極楽寺山門 
●青山コレクション達磨記念堂
●姫大師像

●極楽寺本堂 
●寺額 
●庭園 
●鐘楼 
●梵鐘 
●観音菩薩尊像(宝苦離観音菩薩像) 
●六地蔵座像+地蔵立像一体

・地蔵立像の台座には三界萬霊と刻まれている。
●法然旅立ち像 
●坂村真民詩碑 
「念ずれば花ひらく」 
「二度とない人生だから」 
●湯浅甚介の墓 
●志賀直哉の暗夜行路のモデル「マツ婆さん」の墓 
●三原新四国第五十四番 
●無縁如来塔
・昭和三十九年三月 
・一石五輪塔が散見される。 ※院家墓地にも一石五輪塔あり。

極楽寺の石垣の脇の小径を歩く。 

●松寿寺
・曹洞宗 

●不許葷酒入山門碑 
●山門 
●山号額「萬年山」

・月舟書

「身をけずり人につくさんすりこぎのその味しれる人ぞ尊し」
●如意輪観世音菩薩像 
●石垣築替明治二十七年九月 
●寶堂 
●子育水子地蔵 
●鐘楼 
●禅堂 
●六地蔵座像+地蔵立像一体 
●大石弘隆首座碑 
●三重塔 
●三原新四国第五十五番「弘法大師」
中央:延命地蔵大菩薩、左:一畑薬師如来
●如意輪観世音菩薩像

●観音寺
・時宗 

●石たて町筋?古たて町筋? 
●地蔵座像
・台座に「法界」 
・宝暦七年丁丑天 ★天年号を使用。

●釈厳秀信士墓碑 
・亀趺の上に乗っている。
 

●浄楽寺
宗派:浄土真宗本願寺派。 
 

●小社 

●専福寺
・浄土真宗本願寺派 

●親鸞聖人像

●和久原川水刎

●三原城跡
 

【尾道市】 

●向島渡船のりば 

●像 

●光明寺
・浄土宗 
・清浄山 
・宝幢院 

■物外和尚
■善光寺如来
※吉田町探訪、善光寺如来を祀る寺 

●第十二代横綱陣幕久五郎百回忌法要祈念碑 
●第十二代横綱陣幕久五郎句碑 
●第十二代横綱陣幕久五郎手形碑 
●宝篋印塔
●外海定五郎の墓 
「剛健勇敢力士 外海定五郎」と刻まれている。 
・亀趺の上に乗っている。

舟形五輪石墓碑 
舳先が突き出た形の舟形墓石

●宝篋印塔 
●頌徳碑 
●柏(しんぱく) 
●無縁墓碑?一石五輪塔 
●光明寺会館(元南之坊) 
●蟠龍之松(琴柱の松) 
・光明寺会館
 

●海福寺(尾道市西土堂町14-1)
・時宗 

●三ツ首様 
●六地蔵 
●宝塔「奉納大乗妙典」 
●舟形五輪石墓碑
 

●林芙美子像 
※伊予銀行尾道支店の窓ガラスには、芙美子の詩を数多く掲示している。 

●新幹線新尾道駅建設の経緯碑 
●新幹線新尾道駅舎
●文化財展示
「浄土寺本堂」「浄土寺多宝塔」模型 
「尾道大橋」をはじめとするしまなみ海道の橋の模型
●大地の鼓動
・カッラーラ産大理石を用いたモニュメント。 

・5/19、大西町内は祭りの真っ最中であった。町内の神社はどれも白い幟が立てられている。 
・紺原の池の辺では、こないだの隠れキリシタン探査の際に立ち寄った神社に奉納される船神輿の姿が見えた。 



2012年5月12日(土)
・松山IC→いよ小松IC(9:42) \1,000 
●東予市立図書館・東予市郷土館
●ふれあいの路 
●ふれあいの銅像 
●川柳碑「まんまるな 心に刺が ささらない 繁雄」 
◎松山藩壬生川浦番所記録 
◎久米庄屋古文書 
◎珠文鏡 
●銅像(裸像) 
●カブトガニ飼育室 
●和紙体験室
●田中佐平 
●森田重吉
●民具展示室 
●特別展示室・研修室:「先覚者胸像・頌徳碑」 
●カブトガニ展示室 
●第一展示室:懐かしの教科書展 
●第一展示室:丁石展(4/3?5/20)
・1里=36丁(町)=3.9273km 
・1丁=60間=109m 
・1間=6尺=1.818m
・世田薬師=世田山遊歩道 
・西山興隆寺 
・満願寺=不動院(不動殿)=朝倉金毘羅宮 
・仙遊寺

●古墳・城郭マップ 
●高橋周桑(日本画家)

●墓碑 
・鶴岡八幡北側道路沿い 
●多賀小学校
●一石五輪塔 
●瓦宮 
●北条里城(要害屋敷)跡 
●一等水準点 No.3430 
●銅像「夢」 
●「多賀の大松」記念碑 
●小祠 
・三河屋呉服店北西隅あたりに小宮あり。 
・旧東予市内には随所に小宮が設けられている。屋敷神を祀ったものだろうか。
●長福寺
●石標「元寇忠臣河野通有公菩提寺 長福寺」 
●長福寺梵鐘 
●藤 
・保存樹木(東予市緑を守り育てる会、昭和62年度) 
●堂 
●院家墓地 
・住職の名を冠し「※※塔」と刻まれた無縫塔が並ぶ。 
●予章記・河野系図 
●一柳直卿の奉納額 
●長福寺宝篋印塔
●地蔵 
●神野家先祖祠 
●植林記念碑 
・多賀公民館敷地内 
●道標 
・「右こんぴら」
●碧泉寺 
・宗派:真宗大谷派 
★木彫りのふくろう 
●宝妙寺貴妙院

●役行者像 
●観音像
●鶴岡八幡神社
●狛犬 
●社号碑「鶴岡八幡神社」 
・願主:徳永丹治 
●常夜灯 
●社号碑「大気味神社」 
●注連石 
●神護寺
●五輪塔 
●地蔵座像
●水盤 
●百度石
・「量詣石」と刻まれていること、象の台座の上に乗っていることが珍しい。 
・明治十四年六月
●鶴岡八幡神社拝殿 
●瓦宮 
●手水舎 
  水盤 
●三島神社 
●天満神社 
●金神社 
●大気味神社 
●燈明台
●鶴岡橋
・崩口川 
・昭和五十年十二月
・三津屋本通り、通称「ファミリーロード」を進む。
●こんぴら道道標

・施主:今治 
・天保十四年卯八月
●三津屋橋
・昭和八年七月
●厳島神社
●鳥居
・明治四十年六月
●注連石
・大正元年十月
●注連石
・明治三十六年八月
●注連石
・明治三十六年六月
●常夜灯
・安永三年庚戌五月
●水盤「清水」 
●狛犬
・石工 栗田助太郎 
・願主 砂田常助
●千二百年記念碑
・昭和五十三年七月
●拝殿大屋根修理記念碑
・平成十三年三月
●拝殿 
●本殿 
●境内末社 
●松 

●宝積寺
●狛犬 
●山門 
●稲荷祠 
●地蔵菩薩坐像「沙界霊」 
●弥勒菩薩座像「弥勒霊」 
●地蔵菩薩坐像 
●水子供養碑 
●鳥居 
●観音堂(本堂)
●観音堂再築記念碑
・大正十年十二月
●一柳直卿の奉納額
●辨財天宮
●辨財天宮本殿新築記念碑

●線香立
●覚法寺
・宗派:真宗本派 
・山号:仏眼山 
●寺号碑
・昭和五十六年三月
●梅光歌碑 
●燈籠 
●蘇鉄
●鷺森神社
●鳥居 
●狛犬 
●碑 
●手水舎 
●壬生川小学校校歌碑 
●百度石 ※碑文入り 
●燈籠 
●鷺の森神社の楠 
●燈籠 
●砲弾 
●夷神社
●会場安全・海産物豊漁祈願碑
・壬生川漁業協同組合 恵美須講 
・平成四年十月
●藩政の頃年貢米倉の跡 
●信岡君之碑 
●建築記念碑
●壬生川村時代公会堂の跡 
●森岡神社
●大楠 
●宝篋印塔残欠
●越智家住宅 
・国登録有形文化財 
●大正十五年建立の門 
「煙害問題解決記念として大正十五年建立の門 一色耕平の永遠の業績を称えて」 
●鏝絵のある民家 
●西宮神社
●社号碑 
●壬生川港改築記念碑 
●鳥居 
●注連石 
●狛犬 
●拝殿
●西ノ宮神社拝殿新築記念碑
・平成十六年三月吉日
●干拓三百年記念碑 
●楠 
●西ノ宮神社拝殿新築記念碑
・平成十六年三月吉日
●蛭子神社境内拡張記念碑
●妙見堂 
●地蔵祠
●地蔵座像「沙界霊」 
●地蔵半跏像「」
●若宮神社 
●興照寺
●山門 
●丹生小学校発祥の地 
・明治八年八月興照寺を使用・・・ 
●堂 
●堂 
●真亀墓 
●地蔵 
●慈母観音 
●一柳直卿の奉納額 
●金比羅宮 
●六地蔵 
●ラントー墓
・石室の奥側に五輪塔を線刻している。石室の中に地蔵を浮き彫りにした石板が収められている。
●宝篋印塔
・「宝篋塔」と正面に刻まれている。
●本源禅寺
・宗派:臨済宗妙心寺派 
●寺号碑 
●宝篋印塔 
●鐘楼 
●坂村真民詩碑「念ずれば花ひらく」 
●一柳直卿の奉納額 
●本堂改築記念碑 
●六地蔵 
●地蔵「一字一石経王塔」 
●宝篋印塔
●宇賀神社・綱敷天満宮
●注連石 
●百度石
・旧東予市内の百度石には「歌が刻まれている」「単に”百度石”とは記さない」などの特徴がある。
●拝殿改築奉賛記念碑
・?伊藤園の会長・社長である本庄氏は東予市出身か。
●燈籠 
●歌碑 
●楠 
●百度石
・標準的なもの。「百度石」と刻まれている。
●常夜灯
・宝篋印塔を象っている。・・・というか、部材を転用したものか? 
・織部燈籠のように竿が地中に埋まっているのが面白い。
●壬生川公園 
●玉垣「西条藝妓中」
●妙本寺
・宗派:日蓮宗 
・山号:松栄山 
●寺号碑 
・昭和六十一年十一月 
●鳥居 
・天保六年九月 
●一字一石塔 
●句碑 
●松木参河守先祖供養塔 
●本堂 
●庫裡 
●稲荷堂
●河原津集会所建設記念碑 
●大崎龍神社
●常夜灯
「金刀比羅宮」「吉備津神社」「大崎龍神社」 
・明治二十五年六月
●常夜灯
・文政十三庚寅年
●御大典/式年祭記念碑
・平成二年七月
●社地増設記念標
・昭和五十四年七月
●鳥居 
●注連石
・きちんと注連縄(紙垂つき)を張っている。
●狛犬 
●水盤 
●社号碑 
●末社(3基) 
●末社(1基) 
●末社(1基):松木家 城主神社
・平成五年九月
●蛭子神社
●注連石

●楠木神社(楠神社(舟戸さん))

●鳥居
・背が高い鳥居。
●注連石 
●狛犬 
●百度石
・「百度計」と刻まれている。
●楠
●春日神社・天満宮
●狛犬

●供山廃寺

●宝篋印塔 
●知足庵 
●山門
●道安寺
・宗派:真言宗 
・山号:醫王山 
・臼井御来迎本坊 
●地蔵堂 
・道端 
●山門 
●不動堂 
●本堂 
●慈母観音像・童子仏
●道標・宝篋印塔 
●臼井水・臼井大師堂
●句碑 
●法悦歓喜和讃
●実報寺
・真言宗御室派 
・聖帝山 
●一柳直卿の奉納額 
● 
「一塵大岳を高くし 一滴巨海を深くす」 
●仁王門 
●聖憲上人像 
●霊仙僧正頌徳碑 
●謙二句碑 
●一樹桜 
●本堂 
●地蔵堂
・伊予六地蔵霊場の幟が立てられている。 
・彩色を施している。
●百度石
・獅子付き
●俊盛筆聖帝山由記 
●供養五輪塔 
●茶堂 
●水子・幼児地蔵菩薩 
●実報寺山八十八ヶ所霊場 
●萬古碑 
●閼伽井(行者の井戸) 
●実報寺古墳 
●鐘楼 
●六地蔵 
●水盤
●天ヶ城址(おなか山) 
●興雲庵
●一石六地蔵 
※非常に珍しい。 
●梅莟小学校跡 
●金比羅宮
●墓地
●六地蔵
●おやまはん常夜灯 
「金比羅宮」「天満宮」「荒神社」 
・明治十年 
●エノキ 
●円満寺
●庄内公民館

・東予のまもるくんはカブトガニ。 
●銅像 
●頌功碑
●山之神神社跡
●布都神社

●モチノキ
●徳田小学校
●とくだっ子地下道
●碑
●三島神社

●築山地蔵尊

・涎掛けが多数奉納されている。
●久妙寺
・真言宗御室派 
・梵音山 
●常夜灯「普明燈」 
●仁王門 
●寺号碑 
●宝くじ桜植栽地 
●本堂 
●閻魔堂 
●燈籠 
●鐘楼 
●石造三重塔 
●塔 
●碑 
●北向地蔵尊 
●当山新西国第一番 青岸渡寺 
●孝農茂左衛門墓表 
●間抜けな地蔵たち?顔が五輪塔残欠 
●碑 
●権現堂 
●当山新西国第三十三番 華厳寺 
●大日堂
●生木地蔵 
●福岡八幡神社



2012年5月5日(土)
野村へ田植えに帰る。 

高速道路で伊予IC?内子五十崎IC(8:40) \800。 
小田川左岸の県道を走る。田圃に赤い花の絨毯が。真っ赤なツメクサであった。 
●竹の谷川橋 
●坂本龍馬脱藩の道 宿間村(亀の甲) 
 



2012年5月4日(金)
●松山市立図書館 

●長正寺(ちょうしょうじ)【松山市土橋町19-4】
●寺号碑 
●長正寺地蔵

●福正寺【松山市永代町12?7】 

●いよてつ高島屋 
●井上正夫像 

●万徳寺【松山市三番町7-1-1】 
●幸金 

●久徳寺【松山市湊町7-8-10】
●三界萬霊塔

●松山市コミュニティセンター
●この街で 
●丸山定夫像

●六地蔵 
●大乗妙典一石一字塔 
●大乗妙典日本廻国塔

●葉佐池
●葉佐池 
●葉佐池古墳 
●葉佐池古墳レンゲソウまつり 
●池堤下の地蔵 

●北梅本小山公園
●「郷向路拓」の碑 

●北向地蔵尊
●酒井黙禅句碑 

●大尺寺 
●地蔵松

●播磨塚
●金石常夜灯 
●地蔵 
●播磨塚碑

●西岡天満宮 

●三木神社
●ビャクシン

●法寿院
●六地蔵 
●手水舎 
●乳地蔵尊 
●子授け/安産/子育て地蔵尊 
●涅槃寂静塔(五輪塔) 
●大師像 
●本堂 
●山号額「養命山」 
●百八煩悩石畳

●西林寺
●鐘楼 
●仏足石 
●燈指石 
★織部燈籠有り。

●岡八幡神社
★境内訪問せず。社号碑と参道の様子を撮影したのみ。 
●社号碑
●三島神社
★境内訪問せず。社号碑と参道の様子を撮影したのみ。 
●社号碑

●上市地蔵尊 
●黒住教吉井教会所
●常夜灯
●島田酒造 
●「至健堂塾跡」の石碑 

●志津川天満神社
●奈良原社 
●菅公腰掛石 
●御先社 
●喜野宮社 
●中木原神社 
●素鵞神社 
●チシャノキ 
●竜王社

●東温市役所
●高須賀治利銅像 

●地蔵 
●六地蔵
●墓地(見奈良円城庵)
●大乗妙典一字一石塔 
●地蔵 
●六地蔵
●常夜灯 
●庚申堂 

●三奈良神社
●燈籠 
●社号碑 
●鳥居 
●狛犬 
●社殿 
●三なら神社平成大営繕事業記念碑 
●水盤 
●和霊社 
●御先神社 
●燈籠 
●御遷座一千四百年祭記念碑 
●柳田国男碑 
●折口信夫碑 
●燈籠(豊明之燈) 

●クヌギ
●カントリーエレベータ
●五輪塔

●沙界霊塔 
●大乗妙典一字一石塔 
●六地蔵
●茶堂 

●常夜灯 
・明治十一年九月 
●三宝神 
●廻国
●常夜灯
★近くには「御地主」と刻まれた小碑が。
●奉供養念仏一百萬遍塔 

●常夜灯 
●六地蔵 
●法華塔 
●石室 
●御堂 
●无縁塔
●常夜灯 
●墓石群
●庚申塔 
●一石五輪塔

●天満神社 
●満穂の里碑 
●墓地
●一石五輪塔
●墓地
●五輪塔
●常夜灯
札場バス停前。法蓮寺入り口。天保九年製。
●持ち
●五輪塔 
●一石五輪塔

●長林寺
●地蔵 
●狩猟鳥獣供養塔 
●「奉石拭」塔 
●萬人講供養塔 
●日本廻国供養塔 
●奉拝神社仏閣塔 
●石室・地蔵 
●薬師堂
●地蔵 
●句碑 
●六十六部廻国供養塔 
●常夜灯 
●句碑 
●大口谷川 
●恩地橋 
●六十六部廻国供養塔 
●弘法大師像 

●法蓮寺
●鳴戸海市左衛門碑 
●一石五輪塔 
●切支丹地蔵? 
●花山城主森伊豆守家継の墓(五輪塔) 
●慰霊碑 
●光明真言供養塔 
●密咒百万遍 
★密呪と同意か。 
●奉書写大乗妙典一字石塔 
●救いの大師像 
●宝篋印塔 
●大乗妙典一字一石塔 
●鐘楼 
●一石五輪塔 
●六地蔵 
●句碑
●八幡地区ほ場整備碑 

●高知三島神社 
●金石常夜灯/三界萬霊塔/宝篋印塔 

●大安寺
●延命地蔵尊 
●水子地蔵尊 
●鐘楼 
●水盤 
●観音堂 
●達磨大師石像 
●六地蔵 
●下林芳魂之塔 
●無縁墓碑 
★一石五輪塔あり 
●伽藍の大塔婆 
●寺号碑 
●常夜灯
●金刀比羅大権現
●大権現夜灯

●浄土寺【東温市下林甲1671】
●永代供養廟 
●六地蔵 
●水子供養地蔵尊 
●不動明王 
●利車毘童子 
●不動堂 
●福禄寿

●下林竿警報局 
●上千原橋 

●別府の石造物群
●石積台座常夜灯 
●地蔵 
●道標 
●地蔵座像 
●餓死萬霊供養塔
●層塔及び五輪塔群



2012年5月2日(水)
●埋蔵文化財センター
・埋蔵文化財センターへ行く。企画展は実施しておらず。仕方ないので資料をいただいておく。
●松山観光港
・松山観光港で観光パンフレットを調達。
●松山市考古館
・松山市考古館へ行く。企画展・発掘へんろを実施中。 
《展示物》
・せん仏 高知県土佐市 野田廃寺 
・陶仏台座 愛媛県松山市 久米高畑遺跡 
・軒丸瓦 愛媛県松山市 久米高畑遺跡 
・軒丸瓦 愛媛県松山市 来住廃寺 
・軒丸瓦 香川県坂出市 開法寺遺跡 
・軒平瓦 香川県坂出市 鴨廃寺 
・軒平瓦 愛媛県松山市 来住廃寺 
・鬼瓦 徳島県吉野川市 河辺寺跡 
・軒丸瓦 徳島県名西郡石井町 阿波国分尼寺跡 
・軒丸瓦 徳島県吉野川市 河辺寺跡 
・軒平瓦 徳島県徳島市 観音寺遺跡 
・軒丸瓦 高知県土佐市 野田廃寺 
・軒丸瓦 高知県南国市 比江廃寺跡 
・軒丸瓦 高知県南国市 比江廃寺跡 
・軒丸瓦 愛媛県今治市 伊予国分寺跡 
・軒平瓦 愛媛県今治市 伊予国分寺跡 
・軒丸瓦 高知県香美市 加茂ハイタノクボ遺跡 
・軒丸瓦 香川県善通寺市 仲村廃寺 
・帯金具 愛媛県今治市 伊予国分寺跡 
・帯金具 愛媛県今治市 八町1号遺跡 
・帯金具 香川県まんのう町 岡下遺跡 
・帯金具 高知県四万十市 真同中山遺跡群 
・帯金具 徳島県三好市井川町 相知遺跡 
・帯金具 徳島県板野町 古町遺跡 
・帯金具 徳島県東みよし町 中庄東遺跡 
・内面硯 愛媛県四国中央市 大小谷谷窯跡 
・内面硯 香川県坂出市 下川津遺跡 
・内面硯 愛媛県松山市 来住廃寺 
・内面硯 高知県香南市 下ノ坪遺跡 
・内面硯 徳島県阿南市 庄境遺跡 
・土器転用硯 愛媛県西条市 大開遺跡 
・須恵器水注 愛媛県今治市 別名寺谷?遺跡 
・墨書土師器「■塩」 愛媛県今治市 伊予国分寺跡 
・墨書土師器「讀院」 愛媛県今治市 伊予国分寺跡 
・墨書土師器「花寺」 愛媛県今治市 伊予国分寺跡 
・墨書土師坏「樹」 徳島県徳島市 観音寺遺跡 
・墨書土師坏「国厨」 徳島県徳島市 観音寺遺跡 
・墨書土師高坏「厨」 徳島県徳島市 観音寺遺跡 
・墨書土器「廣道」 高知県須崎市 飛田坂本遺跡 
・墨書土器「東」 高知県いの町 八田神母谷遺跡(はたいげだにいせき) 
・墨書土器「甲」 愛媛県松山市 前川?遺跡 
・墨書土器「稗■門」 香川県高松市 前田東・中村遺跡 ★稗=「禾申」 
・墨書土器「盃」 香川県坂出市 讃岐国府跡 
・木簡 徳島県徳島市 観音寺遺跡 
・木簡 徳島県徳島市 観音寺遺跡 
・木簡 愛媛県松山市 久米窪田?遺跡 
・刻書土器「大」 高知県南国市 西野々遺跡 
・刻書土器「夫」 香川県坂出市 讃岐国府跡 
・刻書土器「久米評」 愛媛県松山市久米高畑遺跡 
・刻書土器「造研」「沼田郡」 愛媛県伊予市 平松遺跡 
・石製印鑑 徳島県東みよし町中庄東遺跡 
・銅印「倉正私印」 愛媛県今治市別名端谷?遺跡 
・和同開珎 徳島県東みよし町中庄東遺跡 
・和同開珎 愛媛県今治市 朝倉高大寺 
・わらじ 香川県善通寺市 金蔵寺・下所遺跡 
・人形 高知県香南市 徳王寺前島遺跡 
・人形 高知県土佐市 西鴨地遺跡 
・人形 徳島県徳島市 観音寺遺跡 
・人形 香川県高松市 中間西井坪遺跡 
・人形 愛媛県松山市 前川?遺跡 
・舟形 徳島県小松島市 立江・馬淵遺跡 
・胞衣壷(えなつぼ) 香川県善通寺市 稲木遺跡 
・鉄滓 愛媛県今治市 高橋佐夜ノ谷?遺跡 
・簀巻状羽口 愛媛県今治市 高橋佐夜ノ谷?遺跡 
・製塩土器 香川県坂出市 大浦浜遺跡 
・漆付土師器椀 徳島県徳島市 観音寺遺跡 
・漆付須恵器椀 徳島県徳島市 観音寺遺跡 
・叩き板 愛媛県松山市 久米窪田?遺跡 
・当て具 愛媛県松山市 久米窪田?遺跡 
・飯蛸壺 香川県坂出市 大浦浜遺跡 
・真蛸壺 香川県高松市 前田東・中村遺跡

・古代蓮の葉を撮影。高床建物の写真を撮影。 
・ツツジを撮影。 
・やや小振りで真っ赤な花を咲かせるキリシマツツジを撮影。キリシマツツジ(Rhododendron obtusum Planch.)は九州でできた園芸品種。 
・以前、駐車場の土手に萩の花が咲いていたのを思い出した。よく見てみると、植物名の立て札が設けられていた。「ミヤギノハギ」。「日本海側に分布するケハギから生まれたと考えられる」と記してある。おいおい。「宮城は太平洋側だろ!」とツッこんでみるが、「宮城の萩」「宮城野萩」じゃないのかも知れない。



2012年5月1日(火)
・久万高原町役場に電話。民話のパンフレットの送付を依頼する。 
●伊予市役所 
 「郡中港町町方文書」の解説集を貰いに行く。予め電話(089-982-1111)し、10:00に訪れることを告げる。 
 社会教育課文化財保護担当の向井さん。とても親切に対応していただいた。 
 双海町の隠れキリシタン地蔵2ヶ所に案内板が設けられていない理由を尋ねた。単に順番待ちであるとのこと。 
 元の市町村によって文化財の捉え方に差があるので、双海町で指定したものをそのまま伊予市の文化財として指定するのに、難色を示しているのではないか・・・と下衆の勘繰りをしてみたのだが、向井さん曰く、基本的に双海町で指定されていたものは、伊予市合併後もそのまま引き続き指定するスタンスであるとのこと。但し、隠れキリシタン地蔵については、実はもう1ヶ所見つかっているが、内子町石畳在住の研究者の話を双海町がそのまま鵜呑みにした感は否めないとおっしゃっていた。 
●伊予市の町並み散策 
 図書館の駐車場に車を停めて、郡中駅南第一踏切を渡る。 
 「郡中町の文化情報 古文書展示」の貼り紙を発見。巴里居宅介護支援事業所というところで、平成24年4月1日?8月31日の間、古文書を閲覧させてもらえるらしい。問い合わせ先は089-982-1183。 
 山惣商店、伊予ショップガイド、和泉屋出店跡、パリ美容室、藤村石油邸、きたがわ理容店隣、旧四国泉邸、カノウデンキ、岡井時計店隣、大西はかり店、濱田屋、徳本酒造などの建屋を撮影。 
●貴布禰神社 
●宗通寺 
 閉門していて中に入れない。 
 菅谷半之丞ゆかりの寺 
●大溝墓地 
 ●菅谷半之丞の墓 
●庚申堂
●華蔵庵 
 ●武市庫太の墓 
●鎮守神社
●松山生協 岡田店 ・松前町昌農内33 

 


2012年4月29日(日)
◆高速道路 伊予IC?大洲IC 1,000円 
◆高速道路 大洲松尾TB(5:24)?宇和島別当IC 550円 
◆サークルK 宇和島夏目店(愛媛県宇和島市夏目町三丁目914-1) 
◆宇和島市天赦園野球場界隈
◆伊達ワールド(宇和島市天赦園野球場)
●太鼓矢倉スタンプラリー 
●本丸体験エリア 
●二之丸まち歩き紹介エリア 
●三之丸飲食・物販エリア 
●天守ステージ
◆伊達宗城 冠の柳 
◆宗城と西郷隆盛会見の場 
◇宇和島市立伊達博物館【愛媛県宇和島市御殿町九番十四号】
◇偕楽園 
◇伊達宗城像 
◇松根東洋城句碑 
◇芝不器男句碑   『白藤や 揺りやみしかば うすみどり』 
※伊達博物館春季特別展「政宗と秀宗」 平成二十四年四月十四日?五月十三日 

◇天赦園
◆元結掛(もとゆいぎ、もっといぎ) 
◆馬目木大師
◆銀杏の大木 
◆燈籠 
◆燈籠 
◆五輪塔残欠 
◆自然石板碑? 
◆一石五輪塔2基 
◆五輪塔 
◆自然石墓碑? 
◆「南無大師遍照金剛」 
◆燈籠 
◆墓碑群 
◆石仏群 
◆地蔵
◆ゆらぎ庵お休所 
◆泰平橋 
◆泰平寺
◆鐘楼堂 
◆平和の鐘 
◆お花まつり 
◆藤好南阜の墓 
◆得能亜斯登の墓 
◆都築温の墓 
◆高橋新吉の墓
◆大村益次郎の住居跡 
◆法円寺
◆山門 
◆南無妙法蓮華経塔 
◆茶筅塔 
◆立正保育園 
◆五輪塔 
◆経塔? 
◆五輪塔 
◆五輪塔
※天年号表記している!
◆南無妙法蓮華経塔(屋根付き墓碑?) 
◆萩森宏綱之墓 
◆山家家歴代の墓 
◆左氏珠山の墓
◆宇和島市立宇和津小学校/宇和津保育園
◆愛媛県立宇和島高等家政女学校跡の碑
◆妙典寺前川 
◆仏海禅寺
◆大用国師碑 
◆山門 
◆鐘楼 
◆佛海寺復興之碑 
◆七福神福禄寿堂 
◆亀趺台石の石造物 
◆西河通徹の墓 
◆富沢礼中 賀古朴庵 砂沢中安の墓
◆妙典寺
◆寺号碑 
◆山門 
◆南無妙法蓮華経塔 
◆南無妙法蓮華経塔 
◆坂村真民「念ずれば花ひらく」誌碑 
◆南無妙法蓮華経 開基四百年記念碑 
◆日蓮大聖人像
◆燈籠
◆燈籠 
◆本殿
◆山号額
◆南無妙法蓮華経石碑 
◆水子観音 
◆鬼子母神 
◆最上稲荷 
◆久遠廟(くおんびょう)=永代供養墓 
◆有縁無縁之諸霊供養塔 
◆五輪塔と舟形石地蔵像
◆妙典寺下の小祠 
◆妙典寺川 
◆光国橋 
◆光国寺
◆寺号碑 
◆六地蔵 
◆宝篋印塔2基 
◆油屋熊八の墓 
◆中野逍遥の墓 
◆薬師堂 
◆水子地蔵
◆神宮寺
◆弁天堂 
◆一石一字塔(地蔵座像) 
◆庚申塔 
◆仁王経三千部供養塔 
◆大乗妙典・・・塔 
◆地蔵堂 
◆本堂
◆「法護国家」額

◆大超寺
◆寺号碑 
◆山門 
◆宝篋印塔「白牛車」 
◆六地蔵 
◆宝篋印塔「醍醐味」 
◆毘沙門堂 
◆鐘楼 
◆薬師堂 
◆如意輪観世音菩薩像 
◆宝篋印塔? 
◆「南無阿弥陀仏 土国遠列之住人・・・」 墓碑 
◆阿弥陀三尊石仏 
◆一石五輪塔 
◆本堂 
◆末広鉄腸の墓 
◆伊達宗徳碑? 
◆伊能友鴎(ゆうおう)の墓 
◆水子地蔵尊 
◆地蔵像(大師像?) 
◆薬師像? 
◆毎石一字浄土三部妙典(附地蔵像) 
◆三墓石の記
※説明書きを転記すること!

◆宇和津彦神社
◆八ツ鹿踊り 
◆人實護神 
◆敬神生活の網領 
◆社号碑 
◆鳥居 
◆手水舎 
◆竹陰筆塚
◆筆塚碑文偲草
◆うわじま筆まつり 
◆「鎮魂 児島惟謙」 
◆拝殿 
◆末社? 
◆山冬子句碑 
◆燈籠 
◆榊森文庫 
◆祖霊殿
◆金剛山大隆寺
◆松根東洋城句碑 
◆金剛山庭園 
◆晦巌日記 
◆富田知信画像(一幅)、富田信鷹画像(一幅) 
◆松根首塚 
◆初代藩主秀宗正室 亀 の墓 
◆卒塔婆碑
・15本の卒塔婆が一枚の平石に線刻されている。
●宇和島きさいやウォーク Q6「伊達家墓所(金剛山大隆寺) 
◆六地蔵 
◆七代宗紀公/室の墓
◆七代宗紀公 
◆宗紀公室 
◆水盤
◆息・宗職の墓
◆五代村候公の息 
◆二代宗利公の息 
◆初代秀宗公の息 宗職 
◆宗職室 
◆宗職長男 伊達右近
◆九代宗徳公 二男康虎/康虎長男の墓
◆九代宗徳公 二男康虎 
◆康虎長男
◆桜田家墓 
◆二代宗利公室/秀宗公二男宗時の墓
◆二代宗利公室 
◆秀宗公二男宗時
◆十代宗陳公生母の墓 
◆九代宗徳公の墓
◆九代宗徳公生母の墓 
◆五代村候公/村候公室の墓
◆五代村候公 
◆村候公室
◆経王塔 
◆松根東洋城の墓
◆和霊廟
◆山本彦兵衛墓 
◆晦巌禅師碑 
◆山家公頼の墓 
◆侠商伊方屋仁兵衛之墓
◆五輪塔
◆南辰野川 
◆楠橋 
◆竜華山等覚寺
◆山門 
◆豊川稲荷 
◆藤棚 
◆石仏(地蔵座像×2、観音立像?×1) 
◆本堂 
◆西墓所
◆政宗供養塔 
◆秀宗生母供養塔 
◆秀宗長男 
◆四代藩主村年(むらとし)
◆九代夫人・佳 
◆九代夫人・孝 
●宇和島きさいやウォーク Q6「伊達家墓所(龍華山等覚寺) 
●伊達遠江守秀宗の略歴 
◆初代藩主秀宗
◆殉死者渡辺(左端)
◆殉死者宮崎(秀宗墓碑左)
◆殉死者神尾(秀宗墓碑右) 
◆殉死者高島(右端)
●説明書き 
◆三代夫人
◆桑折宗臣の墓 
◆東墓所
◆十代宗陳
◆八代藩主宗城(むねなり)
◆八代夫人
●伊達宗城並びに夫人猶子の略歴 
◆二代藩主宗利(むねとし) 
◆六代夫人
◆六代藩主村寿(むらなが)
◆三代藩主宗贇(むねよし)
◆伊達秀宗の墓 
◆伊達宗城及び夫人の墓 
◆宇和島藩主伊達家墓所 
◆龍華山庭園
◆鋸町ポンプ場 
◆明源寺
◆山門 
◆本堂 
◆鐘楼 
◆明源寺庭園
◆真教寺
◆山門 
◆本堂 
◆鐘楼
◆辰巳橋 
●市内イラストマップ 
●辰野川流域寺町風景図 
◆西江(禅)寺(せいごう(ぜん)じ)
◆山門 
◆層塔? 
◆本堂 
◆薬師堂? 
◆鐘楼 
◆地蔵 
◆六地蔵 
◆観音銅像 
◆前原巧山の墓 
◆西江寺庭園
◆黒柿 
◆選仏禅寺
◆山門 
◆大師?地蔵? 
◆米度石 
◆鐘楼
◆潮音寺
◆白牛車塔 
◆法華塔
◆地蔵 
◆観音橋 
◆寺上川 
◆JR宇和島駅
◆宇和島闘牛銅像 
◆鉄道模型 
◆大和田建樹詩碑
◆向新町(むかいじんちょう) 
◆穂積橋
◆ほづみ橋名の碑 
◆碑「老生は銅像にて仰がるるより萬人の渡らるる橋になりたし」 
※橋の袂には「ほづみ亭」という小料理屋あり。
◆高野長英の隠れ家 
◆大橋 
◆龍光院
●案内板
●龍光院縁起
◆院号碑 
◆石段 
◆金剛力士像 
◆遍路大師像 
◆不動明王像 
◆十三重塔 
◆椎本芳室(しのもとほうしつ)の寶篋塔(ほうきょうとう) 
◆醍醐塔 
◆二童子地蔵像 
◆道標 
◆境内社 
◆宝篋印塔 
◆本堂 
◆大師堂 
◆鐘楼 
◆手水舎 
◆松尾芭蕉句碑「父母の 志き里に恋し 雉子の声」 
◆遙拝石 
◆弘法大師像 
◆蓮台石 
◆六地蔵 
◆正一位稲荷大明神 
◆感謝の碑 
◆新四国百八ヶ所霊場お山めぐり 
◆新四国百八ヶ所霊場お山開き 
◆除災招福大観音
◆多賀神社
◆鳥居 
◆狛犬 
◆多賀神社 
◆稲荷神社 
◆合祀社
◆富包辯天神社:市杵島姫命、奥津島姫命、田心姫命 
◆鎌江/玉置若宮神社:鎌江若宮之命、玉置若宮之命 
◆宗田神社:宗田藤左衛門命 
◆山津美神社:大山積命 
◆海津美神社:豊玉彦命、豊玉姫命
◆粟島神社 
◆凸凹神堂
◆浄念寺
◆薬師堂 
◆浄念寺晋山式記念碑 
◆六地蔵 
◆本堂 
◆大乗妙典一石一字書写塔
◆和霊神社 
◆うどんのめんた 北宇和島店 
◆一乗寺
◆南無妙法蓮華経塔 
◆山門 
◆鬼子母神堂 
◆本堂 
◆手水舎 
◆鐘楼 
◆砲弾?
◆大信寺
◆三界萬霊塔 
◆地蔵 
◆如来像? 
◆六地蔵 
◆鐘楼 
◆薬師堂? 
◆生類之霊塔 
◆燈籠
・昭和十二年三月
◆元町川 
◆吉田第一踏切 
◆御舟手御用井戸 
◆海蔵寺
◆海蔵寺踏切 
◆遠見山トンネル 
◆村井保固墓 
◆山門 
◆本堂 
◆閻魔堂 
◆大乗妙典一字一石塔 
◆六地蔵 
◆五輪塔 
◆■頭石 
◆石書経王供養塔 
◆坂村真民詩碑「念ずれば花ひらく」 
◆天神社 
◆鐘楼 
◆地蔵 
◆安藤継明廟所
◆峰住神社
◆手水舎 
◆社号碑 
◆さざれ石 
◆燈籠 
◆注連石 
◆狛犬 
◆イヌマキの巨木
◆県道314号 舟間伊予吉田停車場線終点標示 
◆界橋(さかいばし) 
◆長福寺
◆山門 
◆六地蔵 
◆燈籠 
◆八十八体仏 
◆本堂 
◆地蔵立像 
◆鐘楼門改築浄財寄進者芳名碑
◆明淵寺
◆鐘楼 
◆本堂 
◆水盤
◆桜橋
◆桜の小道 
◆句碑「横堀の 夕潮満ちて 盆の市」 
◆山下亀三郎翁銅像 
◆横堀川原雪洞建設記念碑
◆時観音堂跡 
◆安藤神社
◆鳥居 
◆狛犬 
◆燈籠 
◆拝殿 
◆手水舎 
◆末社
◆狛犬 
◆水盤
◆藤棚 
●安藤神社の由来 
◆御即位紀念碑 
◆「安藤さまは私達のお手本です 村井保固」碑
◆宇和島市立簡野道明記念吉田町図書館
◆陣屋御殿 
◆太鼓橋 
◆陣屋門 
◆土塀 
◆石庭 
◆常夜灯 
◆角櫓

◆十夜ヶ橋
◆手水舎 
◆不動明王 
◆修行大師像 
●弘法大師御野宿所 十夜ヶ橋 永徳寺 
◆水子供養地蔵尊 
◆本堂
・本尊:弥勒菩薩
◆田舎の四季 堀澤周安 
◆六地蔵 
◆野宿大師像 
◆野宿大師像
・蒲団を掛けられている。病気平癒・身体健康を祈願した「お加持ふとん」らしい。
◆野宿大師像 
◆弘法大師燈臺 
◆歌碑「ゆきなやむ 浮世の人を 渡さずは 一夜も十夜の 橋と思ほゆ」 
◆地蔵 
◆用排水工事記念碑 
◆十夜ヶ橋

◆伊予大権現 
 



2012年4月22日(日)

◆稲荷神社(松山市辻町15-3)
・松岡木材産業(有)の敷地内に祀られている。

◆大明神ヶ丘(松山市明神丘)
・地図に「日切大権現」というのが見える。 
◆クリスチャン墓碑 
◆津波注意標識
・東日本大震災を教訓とし、新たに取り付けられたものであろう。
◆六地蔵
・舟形石6基 
・地蔵像の頭の上部あたりを赤い涎掛けならぬ「鉢巻き状」の赤布が巻かれている。
◆地蔵座像 
◆六地蔵
・舟形石6基
◆地蔵座像 
◆陶器製マリア像
・無縁墓碑群の叢の中に置かれている。

◆常福寺
・松山新四国霊場三十二番 
◆山門

◆常夜灯
「天長地久」(左側)
◆初登墓
・背後に「初登百回忌 供養塔」と刻まれた角柱型の一石五輪塔、傍らに「村人に尽し賜うた真心を称え奉らん幾年までも」と刻まれた碑が建てられているところをみると、「初登」とは人名であり、地元の偉人であろうか。

◆法雲寺
・真言宗豊山派 
・金亀山 
・松山新四国霊場三十四/三十五番 
◆金亀の石 
◆「一隅を照らす」碑 
◆臥龍松 
◆回転経庫 
◆ 
◆位牌霊密厳堂 
◆百度石 
◆ 
◆十三重塔

◆加藤さん 

◆村上大明神 

◆刈屋畑の戦い 

◆儀光寺(ぎこうじ), 古三津1丁目
・新義真言宗豊山派 
・真隆山 
・佛集院 
・開基:儀光上人 
・千体十一面観世音菩薩(由利観音) 
・伊予道前道後十観音霊場 
・四国ぼけ封じ三十三観音 21番霊場「阿摩堤観音」 

◆仁王門 
◆弘法大師一千百五十年/興教大師八百五十年御遠忌塔 
◆遠忌塔 
◆弘法大師生誕一千二百年庫裡改修記念碑 
◆六地蔵座像(6基) 
◆宝篋印塔
「法界塔」と刻んでいる。
◆地蔵座像 
◆岡田十五郎翁之墓 
◆鐘楼 
◆子育大師 
◆稚児大師 
◆大乗妙典 
◆ぼけ封じ心楽観音
「いつの世も ゆかしきすがた 観世音 心開けと 蓮花たむけん」 
・平成二年五月吉祥日 興教大師八百五十年御遠忌
◆織部燈籠
・竿に仏像を刻んでいる。竿は土中に深く埋め込まれている。

◆二反地橋
・平成2年7月

◆真情大橋(まごころおおはし)
・平成2年7月



2012年4月14日(土)
◆へんろ橋(松山市) 
◆サークルK 玉川町店 
◆三島神社(今治市玉川町長谷)
◆狛犬 
◆狛犬 
◆社号碑「三島神社」 
◆鳥居 
◆常夜灯 
◆注連石 
◆手水舎 
◆拝殿 
◆本殿 
◆境内社:
◆圃場整備記念碑(今治市玉川町長谷) 
◆長谷集会所(今治市玉川町長谷) 
◆大師堂(今治市玉川町)
◆地蔵
◆三島神社(今治市玉川町長谷 宮前(浦戸)甲四二四)
◆鳥居 
◆社号碑 
◆社号碑 
◆常夜灯 
◆狛犬 
◆注連石 
◆手水舎 
◆水盤 
◆長谷発電所跡 
◆末社殿? 
◆拝殿 
◆本殿
◆旧玉川町役場(今治市玉川町)
◆旧玉川町役場(現今治市玉川支所)庁舎 
◆越智伊平先生銅像 
◆阿部久一翁銅像 
◆玉川町閉町記念碑
◆KDDI玉川大野局(今治市玉川町) 
◆慰霊塔(今治市玉川町) 
◆今治市立玉川中学校(今治市玉川町)
◆校訓碑「和す 磨く 結ぶ」 
◆銅像「統合」
◆嶋御門神社(今治市玉川町)
◆鳥居 
◆社号碑 
◆狛犬 
◆注連石 
◆拝殿
◆社号額
◆水盤
◆弘法さん(重利大明神)(今治市玉川町) 
◆原川(今治市玉川町) 
◆墓地(今治市玉川町)
◆水子地蔵 
◆塚神聖霊 
◆櫛部家の墓 
◆御堂
◆石仏群(今治市玉川町) 
◆小鴨部の墓地(今治市玉川町)
◆地蔵半跏像(三界萬霊)
◆矢野橋(今治市玉川町) 
◆熊野神社(今治市玉川町)
◆鳥居 
◆狛犬 
◆水盤 
◆「勧請神亀五年秋八月二十三日 一千百八十年祭」碑 
◆拝殿 
◆境内社:飯成神社 
◆境内社:一之宮神社
◆社号碑
◆境内社:熊野久須毘神社
◆社号碑
◆境内社:保食神社 
◆境内社:大山祇神社 
◆境内社:山之神社 
◆境内社:阿奈婆神社?
◆椿の大樹 
◆大木
◆栄福寺(今治市玉川町)
◆「四国五十七番霊場」「伊予一国一社石清水八幡宮は三丁」 
◆へんろ道道標 
◆常夜灯 
◆社号碑 
◆へんろ道道標(折損) 
◆道標? 
◆十輪地蔵菩薩、地蔵菩薩、水子観音(2基)、水子地蔵 
◆修行大師像 
◆お願い地蔵尊 
◆弘法子句碑 
◆手水舎 
◆鐘楼 
◆空海(お迎え大師)像 
◆杓文字をもった大黒像? 
◆地蔵(5体) 
◆「四国霊場 第五十七番 府頭山 栄福寺 / お迎え大師」 
◆仏足跡 
◆本堂 
◆大師堂 
◆薬師堂 
◆金比羅大権現 
◆宿坊/客殿/納経所
◆石清水八幡神社(今治市玉川町) 
◆仏城寺(今治市) 
◆今治港(今治市) 
◆高野山今治別院(今治市) 
◆南光坊(今治市) 
◆別宮大山祇神社(今治市)
◆清高稲荷神社 
◆阿奈婆神社 
◆荒神社 
◆奈良原神社 
◆お狸さん(別宮狸の民話にある祠で、お袖・お佐遠・お奈遠の3姉妹狸を各々3ヶ所に祀る。)
◆近見山(今治市) 
◆波止浜港(今治市) 
◆円蔵禅寺(今治市) 
◆来島(今治市)
◆八千矛神社
◆魚霊塔 
◆鳥居 
◆社号碑 
◆水盤 
◆狛犬 
◆燈籠 
◆恵比須社? 
◆小社 
◆御先神社
◆注連石 
◆鳥居 
◆亀山幸五郎君彰功碑
◆地蔵祠 
◆心月庵
◆弘法大師一千百年御遠忌記念塔 
◆句碑 
◆燈籠 
◆水盤
◆村上神社
◆鳥居 
◆村上神社改築記念碑 
◆水盤
◆来島城跡 
◆御堂
◆六地蔵
◆柱穴 
◆巨大サボテン 
◆「来島水軍と来島城跡」の説明板 
◆今井つる女句碑「来島の 松を涼しと 見てつきぬ」
◆波止浜公園(今治市)
◆味岡光之助歌碑 
◆波止浜公園説明書き 
◆原真十郎翁頌徳碑(銅像) 
◆半島四国第六番 薬師如来 
◆高浜虚子句碑「春潮や 和冦の子孫 汝と我」 
◆歌碑? 
◆半島四国道標「是ヨリ左拾三番」 
◆今井つる女句碑「渦汐に ふれては消ゆる 春の雪」 
◆「波止濱」
◆一本松(今治市波方町)
◆半島四国第九番 釈迦如来(涅槃) 
◆大乗妙典六十六部日本廻国供養碑
◆半島四国第十一番 薬師如来(今治市波方町)

◆波方港(今治市波方町)

◆玉生八幡神社(今治市波方町)
[北側・旧フェリー乗り場付近] 
◆鳥居 
・昭和三十八年九月吉祥日 
◆狛犬 
◆燈籠 
[西側] 
◆鳥居 
◆狛犬 
◆鎮魂碑 
◆龍神社 
◆金刀比羅神社
◆鳥居 
◆注連石 
◆燈籠
◆石鎚神社
◆鳥居 
◆注連石 
◆社号碑
◆長泉寺(今治市波方町波方甲1625-12)
◆由緒碑 
◆由緒碑移転紀念碑 
◆山門 
◆本堂 
◆大師堂 
◆鐘楼/鐘 
◆不許葷酒入山門碑 
◆水子地蔵 
◆三面大黒天 
◆井戸 
◆水盤 
◆弘法大師一千百五十年・興教大師八百五十年 御遠忌法会報恩謝徳(4基) 
◆修行大師像 
◆半島四国 第八十八番 薬師如来 
◆五重石塔 
◆宝篋印塔 
◆「頌徳 功労者 崎山兼治氏」の碑
◆石仏(今治市波方町)
塔の峰展望台の入り口。
◆塔の峰(今治市波方町)
◆半島四国第七十二番 大日如来 
◆半島四国第七十四番 薬師如来 
◆半島四国第七十五番 薬師如来  
◆半島四国第七十六番 薬師如来  
◆「瀬戸内海国立公園 塔ノ峰園地案内図」 
◆「塔の峰」説明書き 
◆句碑「初明り 瀬戸の島の 波に乗り 大車」 
◆「瀬戸内海国立公園 塔の峰園地 愛媛県波方町」 
◆半島四国第七十三番 釈迦如来 
◆峯荒神社 
◆三角点 
◆展望台
◆半島四国第七十一番 千手観世音菩薩(今治市波方町) 
◆西浦荒神社(今治市波方町)
【参道上り口】 
◆社号碑 
◆鳥居 
◆常夜灯 
◆狛犬 
【境内】 
◆注連石 
◆水盤 
◆常夜灯 
◆手水舎・水盤
◆森上石風呂跡(今治市波方町) 
◆白玉神社(今治市波方町)
◆鳥居 
◆狛犬 
◆燈籠 
◆狛犬 
◆手水舎 
◆狛犬 
◆注連石 
◆社号碑 
◆百度石
頂部に狛犬が乗っている珍しいタイプの百度石。
◆拝殿
◆社号額 
◆絵馬
◆本殿 
◆素鵞神社
◆社号額
◆合祀社(二棟)
(前列) 
◆不明 
(後列右より) 
◆大山祇神社 
◆賽神社? 
◆天満宮社 
◆不明 
◆不明 
◆不明 
◆不明 
◆美保神社
◆稲荷神社 
◆鎌田家若宮社 
◆矢原家若宮社 
◆竹中神社 
◆金刀比羅宮 
◆和霊神社
◆和霊神社改修/参道開設記念碑 
◆「和霊神社基金・・・也」の碑
◆合祀神社
◆LAWSON波方樋口店 
◆荒屋敷集会所(今治市波方町) 
◆庄畑八幡大神社(今治市波方町)
◆狛犬 
◆鳥居 
◆注連石 
◆水盤 
◆燈籠 
◆拝殿 
◆本殿 
◆出雲神社 
◆杵築神社 
◆合祀神社 
◆椿
◆薬師堂(今治市波方町)
◆「野間郡新四国八十八ヶ所 第二十八番 薬師堂」 
◆水盤
◆旧波方町役場(今治市役所)庁舎(今治市波方町)
◆ふるさとこみち案内板
?かくれキリシタン 
?めばる岩 
?潮早神社と古社 
?東照寺と五輪塔 
?別台と窯路 
?城主(しのの)さん 
?塚の谷古墳群
◆一里塚「松山札辻より十里」 
◆瀬野良氏之像 
◆「住みよさと夢と文化のかよう町」 
◆波方町民憲章 
◆西行法師歌碑『筥潟や急ぎ来つる君や知る 二また潮はみつやみたずや』
◆かくれキリシタン(今治市波方町) 
◆めばる岩(今治市波方町) 
◆五右衛門新田[五右衛門新田開拓檜垣政廣之碑](今治市大西町) 
◆富山八幡神社(今治市大西町)
◆社号碑 
◆常夜灯 
◆橋 
◆注連石 
◆常夜灯 
◆鳥居 
◆狛犬 
◆注連石 
◆水盤「漱清」 
◆出雲神社 
◆荒神社
◆本龍院(今治市大西町) 
◆金比羅神社(今治市大西町)
◆常夜灯
◆古寺地蔵尊(今治市大西町) 
◆井手家住宅(今治市大西町) 
◆クスノキ(今治市大西町) 
◆JR大西駅(今治市大西町) 
◆遍照院(今治市菊間町浜八九) 
◆サークルK 菊間町店



2012年4月8日(日)
◆たこ公園(南吉田町)
南吉田から垣生方面へと、滑走路下に農耕車専用道路が続く。 
この道路への入り口にたこ公園はある。 
たこ公園とは正式名称ではない。たこの形をしたコンクリート製の遊具が昔ここにあったので、そう呼ぶ人がいるだけのことだ。
◆大山祇神社(南吉田町)
たこ公園から北に少し入り込んだところに、小さい社が建てられている。 
鳥居に、手書きの粗末なものながら、ちゃんと社号額が掲げられている。大山祇神社と称するらしい。 
ちいさな自然石製の常夜灯も建てられている。
◆才木地蔵尊(南吉田町)
白塗りの化粧を施した地蔵。 
その地蔵の左横に花崗岩製の石柱の残欠らしきものが祀られている。その残欠には、地蔵らしき画像が刻まれている。素朴な像で、かくれキリシタン碑の画像のようにも見える。
◆六地蔵・餓死菩提碑、大乗妙典奉納碑(南吉田町)
◆南吉田の町並み(南吉田町)

旧家が多い。狭い路地の脇に白壁が続く。内子や宇和、伊予市の町並みも良いけれど、ここだって結構風情に満ち溢れている。
◆極楽寺(南吉田町)
曹洞宗 
西江山 
◆山門
南側に山門を構えていた。数年間この町に住んでいたのに、全く気付かなかった。西側の道路もよく用いているのだが、南側の小径は通ったことがなかった。
◆鎮守秋葉神社/聖観世音菩薩堂 
◆念ずれば花ひらく碑 
◆椿樹 
◆観音立像(青銅) 
◆観音像(石) 
◆地蔵座像(石) 
◆宝篋印塔 
◆垣生家墓地
◆南吉田町集会所(南吉田町)
◆会館寄付記念碑

豌豆の白い花

◆高本家住宅(南吉田町)

東・南面は小川が取り囲んでいて、まるでお城である。

◆イブキビャクシンの巨木(別府町)
高さ4〜5メートルのところで枝分かれしているが、北側の幹1本だけが残されている。何とも不格好だ。 
根元には小さな社、瓦宮が数基配置されている。

◆飯岡神社(別府町)
◆鳥居 
◆注連石 
◆手洗石
参道を上がって境内地に至る。階段を上りきったところ、左側に手洗石・手水舎が設けられている。
◆狛犬 
◆燈籠 
◆拝殿
◆常夜灯(別府町)
石飯金 
文化九年
◆浄明院(別府町)
真言宗豊山派
◆地蔵堂(別府町)

◆飯岡公園(別府町)
 

◆弓敷天満宮(高岡町)

◆大蔵寺(高岡町)
◆地蔵
「隠れキリシタン地蔵」の左胸に刻まれる十字架の原形がこの地蔵像に見えるような気がする。元々は十字架ではなかったのだ。 
ひょっとしたら偽装するために、十字に似通った部分に意味を込めて刻んだのかもしれない。全否定するつもりはないが、ここに十字があるといって、全てが隠れキリシタンと結びつけるのは早計過ぎるのではなかろうか。
◆寺号碑

◆生石小学校(高岡町)
◆二宮尊徳像 
◆「楽しく 考える やりぬく」像 
◆「根」

いったん家に戻って昼食をとり、テレビで愛媛FCの試合を見終わってから、自転車に乗って第2クルーへと繰り出す。 

◆重信川沿いの桜(西垣生町)

◆松山木材工業団地造成記念碑(西垣生町) 

◆海神社/今出港(西垣生町) 

◆西国三十三ヶ所霊場(西垣生町) 

◆?神社(西垣生町) 

◆鍵谷堂/頌功碑堂紀念公園(西垣生町)
◆句碑「朝鵙に 夕鵙に絣 織り進む」 
◆句碑 
◆頌功碑堂紀念公園 建設奉仕 の碑 
◆地主天王神社
鍵谷堂の背後、堂に背を向けて鎮座している。 
赤鳥居が小社の前に建てられている。 
「堅牢地天 南無地主天王」と記された札が建てられている。 
社の横には素朴な造りの燈籠がある。

◆長楽寺大日堂(西垣生町)
◆坂村真民「念ずれば花ひらく」碑 
◆松山新四国霊場二十五番 
◆水子供養地蔵尊 
◆修行大師像 
◆交通安全地蔵 
◆大慈大悲聖観世音菩薩像

◆長楽寺(西垣生町)
本尊 阿弥陀如来 
栴檀山 
御詠歌「長楽の ねがいの光 いまいでて まいるもろびと 生きる喜び」 
◆竜宮門(密乗門) 
◆寺号碑 
◆御詠歌碑 
◆六地蔵 
◆花山院 
◆臼杵藩士海難供養塔 
◆鍵谷カナの墓 
◆鍵谷カナ媼頌徳碑 
◆鍵谷カナ顕彰歌碑 
◆坂村真民「念ずれば花ひらく」碑 
◆千手観音 
◆村上霽月墓碑?
巨大な五輪塔がある。 
五つの各石には梵字が刻まれている。
◆村上霽月句碑 
 「頼まうと 呼べば落ちけり 桐一葉 / 花散るや 一鳥鳴かず ■の音」 
◆水子地蔵尊/子育地蔵尊 
◆小松川庫吉墓碑
碑文は三輪田米山の筆跡のようなのだが・・・
◆弘法大師像
「赤い綱を持って御縁を結びましょう」と記されている。
◆辨財天堂 
◆伏見稲荷社 
◆地蔵 
◆本堂 
◆薬師堂 
◆大日如来像
赤い糸はこの如来像に繋がっていた。
◆一願不動尊 
◆奉供養興教大師七百五十年御遠忌塔 
◆国際仏旗の掲揚 
 世界平和 万民豊楽 天下泰平 国家安穏 仏法興隆 災厄消除 院内安全 檀信健勝 家内安全 身上安全 乃至法界 平等利益 
◆仏足石 
◆「右仏 左衆生と 合わす手の 内ぞゆかしき 南無の一声」碑 
◆平成大改修 / 坂村真民「念ずれば花ひらく」碑 
◆双体道祖神像

◆村上霽月邸 
◆村上半太郎翁頌徳碑 

◆三島神社(西垣生町)
◆社号碑 
◆村上霽月句碑 「初暦 好日 三百六十五」 
◆境内社:疫鎮神社
祭神:神直日神(かんなおびのかみ) 大直日神(おおなおびのかみ) 
罪穢れを祓い清める
◆境内社:三光宮
祭神:日月星の三光神を奉祀せし仙台の青麻神社が始まり 青麻信仰 
中風封じ・中風除けの神様
◆境内社:稲荷神社
祭神:倉稲魂命(うかのみたまのみこと)・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ) 
五穀豊穣、諸産業繁盛の神様
◆境内社:鷺神社
祭神:少彦名命 
穀物神、医業神、温泉神
◆境内社:白山神社
祭神:菊理媛神(きくりびめのかみ)・白山媛命(しらやまひめのみこと) 
農業神、白山の神
◆境内社:松尾大明神
祭神:産土神(うぶすなのかみ) 
人が生まれた在所の神
◆境内社:御先神社
祭神:猿田彦命(さるたひこのみこと)・猿田毘古神(さるたひこのかみ) 
導き(道案内)の神様
◆鍵谷カナ顕彰碑 
◆狛犬 
◆百度石 
◆境内社:松尾大明神
祭神:山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)・山王権現(さんのうごんげん) 
諸産業振興の神、酒造りの神、比叡山の地主神
◆境内社:こだぬきさん

◆常光寺(西垣生町)
曹洞宗 
日照山 

◆地蔵(三体) 
◆地蔵(一体) 
◆餓死精霊塔
享保十七?十八年(一七三二?一七三三)の大飢饉により餓死した垣生村の六百有余名の精霊を回向するため建立された。 
享保十七年は春先から雨が多く、麦に赤サビ病が発生し大不作となり、稲は長雨と冷夏、さらに干天と異常天候の中で秋ウンカが大発生し、麦につづき米も大不作となった。翌年麦が収穫できるまで餓死者が続き伊予国では数万人とも推定される。 
平成十一年一月再建 
 願主 当山十五世 武海道修 
     当山住職 高木英教 
 施主 松山市道後 三好市郎
◆白山妙理大権現 
◆石鎚大権現 
◆二神之■■墓 
◆寺号碑
昭和六十年三月建立
◆燈籠
平成七年十月奉納
◆句碑
「おもしろや 紙衣も着ずに 編む世なり / 花木槿 家ある限り 機の音 子規」 
「故郷はいとこの多し桃の花 子規」
◆観世音菩薩立像 
◆椿 
◆句碑
「賽銭の ひびきに落ちる 椿か奈 子規」
◆句碑
「春や昔 十五万石の 城下哉 子規」
◆地蔵菩薩+六地蔵 
◆手向井戸 
◆地蔵 
◆坂村真民「念ずれば花ひらく」碑 
◆水子地蔵 
◆経塚

◆垣生小学校(西垣生町)
◆石田波郷句碑 
◆「考える」の碑
松山市長 中村時雄書



2012年4月7日(土)
千秋寺 

天徳寺 
弘願寺 
長建寺 
長久寺 
法華寺 
不退寺 
浄福寺 
正法寺 
来迎寺 
龍穏寺 
ロシア人墓地
 


 


2012年3月31日(土)
天気予報では雨。朝起きてみると、やはりシトシトと雨が降っていた。 
諦めて、自室で研究を始める。 
11:00頃、ふと気付くと、晴れ上がっているではないか。 
明日は出勤で、遠出はできない。 
少し遅めの出発にはなるが、取材旅行に繰り出さねば。

●銭尾峠
伊予鉄バス停留所名は「三秋峠」
●端の左衛門の墓(伊予市三秋 端)
 国道から左折。線路下を潜り、端の集落へと入っていく。端の左衛門の墓を探して2?3回訪れたのだが、結局所在地がわからなかった。舗装された道路をゆっくりと辺りを確認しながら進み、やがて終点へと至る。「今日も空振りに終わるか……」と思ったが、ちょうどこの土地の人が庭先に姿を現したので、「いよしの文化財」を片手に、所在地を尋ねる。 
 すると、北東方向を指差し、「あの竹藪の向こう」と教えてくれた。「ここから山道を通って車で行くこともできなくはないが、未舗装だし、幅員も狭いので、国道に一旦引き返したほうが良い。国道に出たら右折し、約200m松山方面へと戻ったところ、鉄工所のやや双海側から山道を上がればよい。登ると御堂があるので、すぐにわかる」と懇切丁寧に教えてくださった。 
 教えていただいた通り、国道へと戻り、鉄工所の前の路側、ポールが立てられた待避所のところに車を停める。線路(端踏切)を渡り、山道を登る。小高い丘の上、端の左衛門の墓はあった。なるほど、石仏が祀られた御堂もある。
※踏切の標識には、「端踏切 予讃線211k719m」と記されている。 
※鉄工所=有限会社眞美鉄工。
 御堂の中には、赤い布製の涎掛けを纏った地蔵像が2体安置されている。 
 その横に、端の左衛門の墓碑がある。傍らには、以下の通り記された説明書きが建てられている。
「伊予市指定文化財 記念物(史跡) 
端の左衛門の墓(はたのざえもんのはか) 
左衛門については数多くの伝説が残っている、 
広島に生まれ、三秋端に集落を拓いた。 
鉄砲撃ちの名人で、9発の弾丸をむしろに撃ち込んで九曜紋の形を寸分違いなく作ったり、ツルが鳴いて口を開けたときにその舌を撃ち切ったりした。 
大洲の神南山(かんなんざん)に住むヒヒの退治により殿様の危急を救い、その褒美に端の租税を4分の1にしてもらった。 
墓碑には「釈名好秋運墓 俗名佐右衛門 元禄七甲戌歳(1694年)八月十六日」と刻されており、民間人としては最も古い墓のひとつとされている。 
また、端の菩提寺である松前町の善正寺(ぜんしょうじ)には位牌と過去帳が残っており、それには「釈明好穐運善士霊 元禄七甲戌歳八月十六日 俗名佐右衛門」と記されている。 
 昭和五十九年十二月二十六日指定 
 伊予市教育委員会」
 また、小社がコンクリート製の礎石上に祀られている。正面右側には小振りながら、手水石も配置されている。社は銅板葺き。庇部分が朽ち果てている。 
 その上手には、石積みの基礎があり、その上に瓦宮が祀られている。

●養蚕記念碑(伊予市高野川)

銭尾峠を下りきったところに、「フットボール競技場」の案内標識がある。 
そこから左折して高野川へ。 
しばらく車を走らせると、集落へと出る。 
その集落の入り口の幅員の広い道路に路駐。 
有線放送のスピーカー、防火水槽などもある。 
「オガタマノキ 150m」の案内標識がある。 
その向こうの小高いところに御堂がある。 
御堂に上がる前に、右手に見える碑のところへ足を運ぶ。 
コンクリートブロックで覆われた空間に、地蔵を祀るであろう小屋が収められている。

●御堂(伊予市高野川)

●惣供養石仏
・享保六年二月十六日
●六地蔵
・六地蔵の真ん中に、地蔵座像の刻まれた板碑がある。木製の御室に納められている。この碑は非常にシンプルな画像であり、どことなく隠れキリシタン碑の画像のようにも見える。
●奉納経 大乗妙典 三界萬霊 供養塔
・右側には地蔵菩薩坐像1基、無縫塔2基などがある。 
・塔の側面には「願主 摂州國島下郡 植村耕堂建立焉」と刻まれている。
●擂り鉢?
・重ねて置けば、立派な石造物だ。
●イブキの大木 
●蘇鉄の大木 
●井戸

片山踏切を渡る。
●高野川神社(伊予市高野川)

●五輪塔、瓦宮 
●鳥居 
●地蔵祠
●水盤
・自然石。何やら文字が刻まれているのだが、摩滅していてはっきりとは読み取れない。
●小祠 
●常夜灯 
●水盤
・慶應四年戊辰年三月吉日
●拝殿 
●本殿
・小さな社が3棟。
●オガタマノキ
「オガタマノキ 
愛媛県指定文化財 天然記念物 
昭和六十三年四月十九日指定 
胸高幹周 二百八十cm 
樹高 約二十三m 
樹齢 推定二百年以上 
オガタマノキは古来から神木として神社に植えられた。高野川神社でも社殿を取り囲むように外周四ヶ所に植えられている。 
昆虫のミカドアゲハは幼虫の時代にオガタマノキの芽しか食べず、この食生関係が県内で初めてこのオガタマノキによって証明された。」 
「双海町指定文化財 
種別 天然記念物 
名称 高野川のオガタマノキ(四本) 
所在地 双海町大字高野川甲四八四番地 
指定期日 昭和六十年十月二日 
管理者 高野川区長 
樹齢 約二百年 
樹高 最大約二十三メートル 
目平回り 最大二.八七メートル 
由来 オガタマノキ(小賀玉木)は古来から神木として植えられたものであり、県内随一のものである。この木はミカドアゲハ蝶の生殖する珍しい樹木である。 
双海町教育委員会」
●道標(伊予市高野川)
高野川の入り口に立てられている。 
「右 高野川 左 郡中町」
 

●(伊予市高野川小網)

国道378号、伊予市双海町上灘を西に下る。 
「小網(こあみ)」と記された字名標識のところで一旦停車。 
「道の駅ふたみ 2km」の標識も建てられている。 
●小網東橋
・昭和五十三年十月架設。 
・国道を走っていても、それが橋であることには全く気付かないであろう。
●小網の通り穴跡(小網トンネル)
北側にはコンクリート吹きつけの法面が。法面のコンクリート中に「のり尻」と記されたプレートが埋め込まれているのが何となく面白く、写真に収める。 
また、とても小振りな滝も見られる。

●小堂

旧道沿い、菊池家の玄関先に小堂がある。堂の前には、寄付連名碑がある。

●供養塔群

●碑1 
●碑2 
●地蔵 
●六地蔵1 
●六地蔵2 
●六地蔵3 
●観世音菩薩? 
●六地蔵4 
●六地蔵5 
●六地蔵6 
●四国八十八ヶ所霊場供養碑 
●鰆(?)供養塔
●四国八十八ヶ所霊場供養碑
・大正十年度巡拝
●六・・・ 
●鰯(?)供養碑 
●鮹供養碑 

何やら歌らしきものが刻まれているが・・・。判読しにくい。
●南無阿弥陀仏 奉供養為大漁鰯・・・ 
●? 
●墓碑? 
●地蔵 
●地蔵 
●地蔵 
●地蔵 
●奉納 四国西国秩父阪東神社仏閣
●天一神社
●旧双海町役場

●道の駅ふたみ シーサイド公園

●菜の花(伊予市双海町閏住)
 

●JR下灘駅(伊予市双海町下灘)

●忠魂碑/下灘地区戦没者之碑(伊予市双海町下灘) 
●地蔵

●地蔵・碑

●日喰集会所 
●日喰川水系 日喰川 
・土石流危険渓流

●日喰の隠れキリシタン像(伊予市双海町大久保 日喰)

●三豊網栗田愛十郎翁紀念碑

●下浜の五重塔(伊予市双海町串下浜) 
●薬師堂(耳堂さん)

●豊田漁港

●豊田新漁港竣工記念 祈 大漁 双海町長 仲野 和 
●厳島神社 
●鱶供養塔

●豊田簡易水道奥西浄水場
 

●奥東の墓地

●五輪塔 
●石仏

●長楽寺

・霊亀山 
●六地蔵 
・真ん中に観世音菩薩が立っている。 
●霊亀? 
●石垣 
●院家墓地 
・頭が平らな地蔵。

●災害復旧碑

●豊田神社

●池窪土山地蔵 
●池窪土山地蔵の石垣 
●池窪のシイノキ 
●池窪のツバキ 
●宝篋印塔 
・大乗妙典一字一石 
・文化十癸酉八月吉日 
・義覚謹書写
 

●西ノ谷川砂防ダム(伊予市双海町串) 
・豊田川水系西ノ谷川

県道226号串中山線起点

●林道鳥越線

●鳥越峠

●林道 
フキノトウ 
●馬頭観音

●鳥越の隠れキリシタン像
 

●地四国石仏・隠れキリシタン像

●下の宮橋

●忠魂碑

●分岐 
●為奉納四国八十八ヶ所巡拝供養碑 
●満穂郵便局 
●落合大師

●東の枝垂桜

●金光教御堂

●弓削神社 
●奉納四国八十八ヶ所巡拝供養碑 
●弓削大師堂 
●国土交通省 満穂雨量観測所 
●林道牛の峰線起点標識 

●林道永木高見線終点標識

●御堂

●一石五輪塔

●石仏

・藤縄の森橋前 
・写真を撮っていると、近所のおばちゃんが「地蔵を撮っているのか」と声を掛けてきた。しばし歓談。御堂の縁日は4月21日とのこと。

●旧永木小学校 
今は永木ふれあい館として活用されている。

●永木三島神社
 

●拝殿

●社名額「三島宮」
●楼門
●藤縄の森橋
・平成八年十月完成。 
・陶板画が多数埋め込まれている。 
・橋には「藤之郷川」と記した銅板が埋め込まれているのだが、川縁に建てられた看板には奥山川と記されている。更に橋の袂に立つ土石流危険渓流の看板には永木川と記されている。 
●肱川水系 永木川
土石流危険渓流
●肱川水系 奥山川
土石流危険渓流
●砂防指定地 奥山川
昭和五十四年一月二十九日指定
●ほたる生息区域
「伊予市は、ほたる保護条例を定め「ほたる」を大切にしています。特に、この周辺は「ほたる」の生息に適した環境であるため、次の行為は禁止されていますので、ご注意ください。 
1.ほたるの幼虫及び成虫の捕獲 
2.カワニナの捕獲 
3.河川などを汚す行為」
●碑群
●立川上灘線 県道移管記念碑
・昭和二十四年五月
●■村町改修記念碑 
●鷹尾寅太郎翁之碑 
●金四百円 城戸■五郎
●梅原農道改修記念碑
・「知事 久松定武 書」 
・県道329号分岐のところに建てられている。
●梅原寺(伊予市中山町永木 梅原)
●巨木 
●梅原寺位牌堂庫裡新築/本堂修復祈念碑
・平成八年二月落慶 
・「念願の新築落慶を迎え慶賀に存じます 
 当寺は開山されて四四〇余年の寺歴を有しているが幾度の戦火で伽藍は焼失し、現在の本堂等は三世和尚代に再建されたものである。 
 時に先祖を想う信仰厚い檀信徒から位牌堂建立の願いが高まり、平成四年十月位牌堂庫裡建設委員会を発足以来、四ヶ年有余に渡る末世に残る大事業と成り、一五〇余檀信徒の総結集と関係者各位の献身的御尽力により立派に完成しました。今後共、寺檀和合して平和な楽土つくりに精進されんことを  合掌 
・・・・ 
当山十九世 光憲代」
●再中興■光大和尚の碑 
●水盤 
●鐘楼 
●馬頭観音 
●○三と刻まれた碑 
●灯籠 
●山額「天香山」 
●神社?
・金比羅宮でも祀っているのか?小社の中には地蔵像らしきものは見当たらず。
・梅原寺の上手の所に桜園がある。花が七分咲きといったところか。

●枝垂桜(伊予市中山町永木 梅原)

平村・重藤・永木の分岐路のところに枝垂れ桜が咲いていた。

●送電線鉄塔
とても綺麗な風景。鉄塔下には菜の花が咲いている。
●森平橋竣工記念碑 
●平村線改修記念碑
・「中山町長 西岡進 書」
●林道改修記念碑



2012年3月25日(日)
●矢取川 
●入仏寺発祥地 
●入仏寺 
・真言宗智山派 
・林光山

●六地蔵
・3体/基×2基 
・6体
●不動金剛流根本道場 
●大乗妙典一字一石供養 
●宝篋印塔 
●薬師堂 
●地蔵像3体 
●小堂 
●小堂
●伊予市八倉配水池 
●小祠
・道路脇
●石鎚庚申社 
●上三谷原集会所
●原川上社旧蹟
・昭和四年
●常夜灯 
・火袋なし 
・金毘羅大権現
●伊予灘SA上り 
●伊予灘SA下り 
●長尾上池
●長尾上池改修記念碑 
・平成十八年三月吉日
●今岡御所跡
●地蔵堂
●西沼寺



2012年3月20日(火)
●松山観光港 
●七面天女大明神 
●緑地 
●めしや(外見のみ) 
・とてもレトロなお店のようだ。 
●松山観光港[再]
●大山寺高浜道の由来碑 
●正岡子規句碑 
●大山寺へんろ道案内図
●三津の町並み 
●辻井戸 
●三津浜図書館



2012年3月18日(日)

●魑魅神王・有限会社キング家具の南側の棕櫚の木の根元に、「魑魅神王」と刻まれた石碑がある。 
・昭和四十七年十二月吉日建立。 
・魑魅(ちみ):《「魑」は化け物、「魅」は物の怪の類》山林の精気から生じるといわれる化け物。すだま。

●正一位水之明神社
●鳥居 
●鳥居(山王鳥居) 
●注連石 
●奉納大乗妙典六十六部日本廻国碑
・「天下泰平 安永二癸巳 伊与大洲領三秋村住」 
・「国土安全 三月吉日 仙波利左衛門 立」 
・碑の右側に小祠在り。
●常夜灯 
●巨木の切株
・西側の広場の入り口に大木の切株がある。
●狛犬 
●拝殿
●奉納額
・面2つ。
●神名額
●本殿
●瓦製狛犬
●摂社殿 
●境内社:厳島神社 
●境内社:天神社 
●境内社:素鵞神社 
●境内社:春日神社
・拝殿に向かって一番右側
●境内社:秦神社 
●境内社:秋葉神社 
●境内社:石鎚神社
・本殿の右側
●クスノキの巨木 
●手洗石

●(耕地)整理紀念碑/常夜灯

●常夜灯 
・「石  水  奉 太神宮  稲  金」

●三秋大池
・池堤からの風景を撮影。 
・JR線路も撮影。 
・池堤に石地蔵が一体あるが、像形が見て取れない。 
●大池線竣工記念碑 
・平成元年三月

●西願寺
・曹洞宗 
・大原山 
●蘇鉄 
●六地蔵
・中央の地蔵には、台座に「三界萬霊」と刻まれている。
●不許葷酒入山門 
●山門 
●魑魅神王
・大正十四年十月
●鐘楼 
●本堂
●山号額
●手洗石 
●庭園

●五輪墓
・「西願寺殿前築前大守岩種清根大禅定門 昭和五十八年」 
・「天正十七龍次亡■歳三月二十一日 盛景寺殿仙波出雲守盛景之嫡子出渕筑前守盛政也」


・伊予鉄バス「三秋口」停留所の下。 
・大木がある。その根元に、正一位稲荷神社のお札が立てられていた。

●苦厭上人の御墓所
・「泰昌山栄養寺開山上人 豊臣秀頼の子国松丸 
 苦厭上人の御墓所 
 一六一五年大阪落城により秀頼の子国松丸は従者とともにこの地にのがれ出家して明音寺を建立し、衆生済度精進されて後此所に没す。」 
●墓碑 
・昭和十七年七月建立。 
・「」

●五輪塔
・山裾には五輪塔が目立つ。

●明音寺集会所
・集会所には、金色の仏、脇仏が祭られている。 
●四国西国御砂踏み霊場碑 
●蘇鉄 
●子抱き地蔵 
●六地蔵 
・真ん中に安政四年八月の板碑が立てられている。「奉書延命地蔵・・・: 
・国道378号、森川に架かるのは豊永橋。

●法寿院
●六地蔵
・昭和六十年十月吉日
●六地蔵 
●地蔵 
●心願成就観音 
・足下には数多くの小仏が祀られている。 
●椿樹 
●五輪塔・宝篋印塔残欠 
●五輪塔・板碑・無縫塔

●森の海岸
・扶桑木らしきものが露出した地層の礫岩中に見える。

●天神橋
・天満神社の南。森川に架かる。 
・橋の北詰めの木の幹に、十六善神のお札が取り付けられている。 
・下流の橋は森川橋。 
・天神橋の親柱だろうか。無惨にも折損して横たわっている。

●森天満宮
●鳥居 
・天明六年 
●社号碑 
・改築記念(平成八年五月吉日) 
●常夜灯 
・火袋は、石に凹みをつけただけのもので、実用に供しないものとなっている。 
●拝殿 
・蟇股には梅樹がレリーフ化されている。
境内末社は、本殿側(向かって左側)より以下の順。 
●境内末社:厳島神社 
●境内末社:恵比須・福助の瓦宮 
●境内末社:綿津見神社 
●境内末社:春日神社 
●境内末社:和清神社
●天満宮子供広場 
●クスドイゲ

●湊神社
●社号碑 
●一石塔由来碑 
●克鯨一字一石塔 
●大乗妙典一字一石塔 
●狛犬(?) 
・恵比須・大黒 
●拝殿 
●小社 
●手洗舎 
●常夜灯

●日の玉権現

●さざなみ公園
 


 


2012年2月26日(日)

【勝岡町〜和気町〜太山寺町】
●圓明寺 
●金毘羅神社 
●丹生神社 
●若宮神社 
●勝岡八幡神社 
●地蔵堂 
●五輪塔 
●馬頭観音 
●圓明寺奥の院 
●免許センター 

【参参のミーティング】 

【松山市古川】
●今村久兵衛の墓

【松前町】
●本性寺 
●高忍比売神社 
●青葉幼稚園 
●吉祥寺 
●恵依弥二名神社 
●JR北伊予駅 
●晴光院 
●有明公園



2012年2月25日(土)  松山市生石地区
●ゆらら 
●関谷忠七墓碑 



2012年2月19日(日) 伊予市探訪
●サークルK 
松前町役場の駐車場に車を駐めて、ウォーキングがてら松前町内の寺院めぐりをしようと思っていたのだが、本日は鳥羽一郎コンサートがあるということで、急遽取り止め。 
伊予市内の寺院探訪へと行き先を変更した。 

●伊予市立港南中学校
●武道館 
●鍛錬の碑
「伊予ライオンズクラブは今般クラブ結成25周年記念を迎えるに当たり、かねてより親交のあった中華民国台湾省屏東縣潮州国際獅子會と姉妹提携の盟約を結び、1991年3月3日記念式典並びに調印式を挙行した。両クラブはこれを記念し、この度新築なった伊予市立港南中学校武道館前に、青少年の健全な育成を希い、共同事業として記念碑名「鍛錬」を建立し寄贈するものである。 
尚、揮毫は中華民国傳統詩學會 黄注清先生書による 
1991年3月3日 
ライオンズクラブ国際協會336A地区 伊予ライオンズクラブ 
ライオンズクラブ国際協會300D区 潮川国際獅子會」 
※なるほど、ライオンズクラブは、台湾では獅子會と記すのか。当たり前といえば当たり前だが。
●校訓碑
「敬愛 克己 誠実」 
副碑 
「伊予市立港南中学校創立30周年記念(校訓碑) 伊予市長 岡本要書 平成元年12月吉日」
●港南中学校上手の池
★池堤・池底に生えた雑草を野焼きしていた。
※このとき撮影した写真が愛媛新聞の単眼複眼に掲載された。

●山崎神社/稲荷東運動公園
●鳥居 
・「紀元二千六百年紀念」と刻まれている。 
●注連石 
●拝殿
●奉納絵馬
・皇紀二千六百年三月、藤谷庸夫 
●境内社? 
●クロガネモチ
・伊予市指定文化財 天然記念物 昭和44年11月13日 
「直径40cm、樹高約25mが最大でクロガネモチとしては県下でも巨樹の方である。雌雄異株で、五月ころ開花し秋から冬にかけ雌株に赤い実をつけて美しい。 
当神社にこの木が多いのは神木として何かいわれがあるのかもしれない
伊予市教育委員会」
●境内社? 
●境内社? 
●境内社? 
●境内社? 
●社殿改築記念碑 
●五輪塔残欠

●稲荷西集会所
●藤谷翁頌徳碑
・陸軍中将・鳥谷章書
●新築記念碑
・昭和37年10月吉日
●奉・・・
・文政四辛巳年正月
●金毘羅道標
・慶應二丙寅年三月吉日 
・「正一位稲荷神社」「右こんぴら道」
●石鳥居 
●灯籠
・「稲荷社」「石鉄山」
●銀杏の木の根元に屋敷神を祀る

●正一位稲荷神社
●寶霊社 
●鳥居 
・両部式鳥居 
●狛犬 
・右側吽形、左側阿形 
●楼門
●右大臣(吽形)と緑の狛犬、左大臣(阿形)と青の狛犬
●水盤 
・四隅を蛙が支えている。 
●灯籠 
・竿が斜めで、ちょっと変わった形をしている。 
●百度石 
●キツネの狛犬 
●新田社 
●亀石 
●藤谷隆太郎銅像 
●灯籠 
●水盤 
・享保年間のもの 
●拝殿 
●キツネの狛犬 
※右側のキツネが抱える宝珠が折損している。 
●灯籠 
●絵馬 
●本殿 
●「神徳洪大」の碑 
●句碑 
●夜泣石 
●戦捷記念碑 
●庚申社/恵比須社 
●常夜燈 
●海社(海津見神社) 
●瓦製の狛犬一体 
●五臓社 
●久美社/命婦社 
●田中社/四天社 
●古神札納め所 
●絵馬殿 
●宝物殿 
●藤棚

●常願寺 

●吾水池 

●福田寺 

●谷上山 

●宝珠寺 

●えひめ森林公園 

●龍王社 

●大谷池



2012年2月11日(土)
●東石井2丁目の墓地:六地蔵 
●星が岡西公園 
●伊丹十三記念館 
ミナモニウツル ナノハナユレル ユラユラユララ ミナモガユレル



2012年2月5日(日)
●瑞応寺(松山市針田町) 



2012年2月3日(金)
・久し振りの積雪。

 


2012年1月28日(土)
●音楽活動:Sing OutにAzumiさんのライブを観にいく。



2012年1月7日(土)
●松山市考古館:講演会 13:30〜15:30「黄泉の国」はどこ? 辰巳和弘 



2012年1月6日(金)

●沖神社(松前町) 
●沖神社神名石 
●鳥居 
●狛犬 
●常夜灯 
●愛宕社/庚申社神名石 
●耕地整理祈念碑 
●忽那栄左説明書き 
●妙見龍王白玉大神

●教明寺(松前町大字北川原182) 
●六地蔵 
●光明真言一百万遍、念仏六百万遍供養塔 
●北川原地蔵尊 
●奉為弘法大師一千五十年御遠忌 
●蘇鉄
●愛媛信用金庫
●愛媛県立図書館

●義農大明神

●鷺谷墓地 
●秋山好古墓

●常信寺 
●地蔵 
●松平定政の霊廟 
●松平定行の霊廟 
●山号額「祝谷山」 
●元三大師のおみくじ 
●小林信近翁墓 
●浅山勿斎の墓 
●鐘楼 
●句碑「仰ぐ花 見おろす花や 常信寺」 
●黒田青菱句碑「色鳥の いろこぼれけり むら紅葉」 
●手洗石 
●元三大師堂 
●句碑「風去りて ゆれしづまりし 夕桜」 
●大悲閣 
●手水舎 
●般若心経超訳

●松山神社(松山市祝谷東町) 
参道で、松山東高等学校女子ハンドボール部員がトレーニングをしていた。若くて元気に満ちあふれている。次々と「こんにちわ」と挨拶してくる。実に礼儀正しくてよろしい。
●酒井黙禅句碑「東風の船 高浜に着き 五十春」 
●狛犬 
●飛梅 
●境内末社 
●拝殿 
●本殿 
●手洗石 
●鳥居 
●高浜虚子句碑「しろ山の 鶯来啼く 士族町」 
●注連石 
●松山神社 社号碑 
●松山神社御屋根大営繕記念碑

●妙清寺 
●山門 
●柳原極堂句碑「感無量 まだ生きて居て 子規祭る」 
●本堂 
●日蓮大聖人のお言葉碑 
●中岡利子句碑「うたた寝に 亡母の声聴く 春の風邪」 
・中岡家の墓の前。

●御堂(権現町) ※みきじ様? 
●般若心経奉納額 
●御詠歌奉納額 
●五輪塔群 
●慈母観音像 
●弘法大師像 
●地蔵像 
●瓦宮

●常夜灯〜天神宮(東大栗町) 
・文化十二年 

●路傍の地蔵(東大栗町) 

●石神?(東大栗町) 

●医座寺(東大栗町) 
●一隅を照らす 
●金石常夜灯 
●征南将軍宮満良親王御和歌碑 
●首塚さま 
●蜜蜂供養歌碑(坂村真民) 
●愛の道しるべ(坂村真民) 
●上松栄吾之墓 
●水子子育地蔵尊 
●道祖神 
●出世薬師 
●お砂踏み 
●水子地蔵 
●一千百年紀念塔 
●医座寺本堂■■記念碑 
●仏足石 
●写経納経塔
●常夜灯2基 
※一石五輪塔の残欠らしきものが置かれている。
●弘法大師一千百年御・・・

●北条市客の墓地 
●六地蔵 
●地蔵
●北条市客の五輪塔 
●北条市客の天満宮? 
●戦捷記念碑 
●天満宮一千年祭碑 
●金石常夜灯 
●蜜柑先覚者之碑
●道標 北条市客 

●北条文化の森 

●信行寺 
・河野山 
●祖見真大師六百五十回紀念碑 
●宗祖見真大師降誕八百年記念碑 
●河野山信行寺基移転記念碑 
●手洗石 
●本堂 
●鐘

●六地蔵 北条市佐古 

●佐古墓地(北条市佐古) 
●キリシタン墓碑群 
●石室の中にも一石五輪塔 
●一石五輪塔 
●五輪塔 
●五輪塔(院家墓地内)

●河野公民館(北条市片山)
●岡本馬太郎翁頌徳碑 
●歌碑 
●第62回優良公民館 河野公民館 文部科学大臣表彰 受賞記念碑 
●土佐礼子アテネ・北京オリンピック連続出場記念碑
●片山墓地 
●六地蔵 
●一石五輪塔群 
・六地蔵横(東側) 
●一石五輪塔/地蔵 
●別府善弘庵主歴代墓碑 
●三角点標柱 

●松山市上水道河野配水池 
●渡部家墓地五輪塔 
※その横側にも一石五輪塔あり 
※下を見下ろすとそこにも一石五輪塔あり
●風早四国三十三番 薬師如来 

●堀江漁港 

●浄福寺(松山市堀江町)
●灯籠 
●手洗石 
●碑 
●千島艦遭難碑 
●正岡子規句碑「もののふの 河豚にくはるる 悲しさよ」 
●山号額「徹照山」

●西山通周五右衛門之碑(松山市堀江町)
●人間の詩
●或る墓銘碑 
●無題
●人間彷徨 
●文学碑 
●句碑 
●句碑 
●帰去来 
●宮沢賢治 
●坂村真民 
●高村光太郎 生きる 
●扉 
●五行詩 幸 
●天地悠久 人間有情 無常迅速 生死事大

●堀江共同墓地(通称六地蔵)
●六地蔵

●光明寺(松山市堀江町)
●一石五輪塔 
●蘭塔 
●画像付き一石五輪塔
●へんろみち道標 
●五輪塔 

●真福寺
●一畑薬師堂 
●六地蔵 
●水子地蔵尊 
●松山新四国霊場三十九番 
●石鎚神社堀江遙拝所 
●五輪塔

●三穂神社



2012年1月2日(月) 

●ふたみシーサイド公園

●特産品センター ふたみんC 
・土産など 1,733円
・リビング新聞読者が選んだお気に入りの店・いいお店 まつやまグッドショップ(平成20年8月 えひめリビング新聞社)

●きらら館・伊方ビジターズハウス

●伊方町民俗資料室
●打瀬船 
●伊方杜氏 
●平家伝説 
●亀ヶ池 
●長崎城 
●梵田の層塔 
●女子岬製錬所跡 
●一里塚 
●丸岡城 
●クロキヅタ 
●ナギの木 
●川永田一里松の年輪
●きらら館
●牛鬼 
●国際交流コーナー
●レッドウィングの由来 
●ププレイリーアイランド原子力発電所 
●レッドウィング市の風景
●萩森八王神社
宮司の宮本さん(85)に「休憩していかんかな」とのお誘いを戴き、拝殿に上がり込む。 
「コーヒーを入れましょう」 
石油ストーブに火をつけ、やかんに水を入れてストーブにかける。
・ボーイスカウトのこと

カブスカウト、・・・
・交通協議員?
愛媛県警の要職(署長クラス)の方々から一目置かれる存在?
・教職員であったこと
八幡浜市の学校の教員を務められたとのこと。
・学徒動員のこと
新居浜に工員として赴いた。 
14の頃から煙草を吸っていた。憲兵が渡してくれた。先生もタカリに来ていた。 
倉庫にお蔵入りしていた学生服を、勝手に蔵出しして処罰された。
・裏山で九死に一生を得たこと
裏山で滑落したが何事もなかった。
・ポリープ平癒のこと(?)
八幡浜市立病院で写ったポリープ3つが、緊急搬送された県病院では1つに減っていた。 
奥さんの兄弟は11人。その殆どが癌に罹っているらしい。
・名坂地蔵(おかげ地蔵)のこと
宮本さんの奥さんが命名したとのこと
・名坂地蔵横のトイレの竣工式のこと 
・龍王のこと
大島、大野ヶ原の龍王は「赤龍王」、この神社に祀っているのは「白龍王」 
→八大龍王
・辰年のこと
晨、震・・・日が照っても、雨が降っても災害に見舞われる恐れが大きい。
・体という字のこと
「人の本」という解釈も良いが、「骨が豊か」のほうがしっくり来る・・・。
・歩き遍路が度々訪れること
遍路をする者の中には前科者が多い。
・山田薬師の鐘のこと
戦時供出した鐘が無事帰ってきた。(See.愛媛新聞)
・裏山に椿の種類多きこと
30種類ほどの椿が生えているとのこと
・萩森神社のこと
元々は山上に鎮座していたのを現在地に下ろしてきた。 
裏山も合わせ、土地の価額は1億円相当である。 
現在の鎮座地は、元々溜池。
本殿裏には、何やら天守らしき建物が建てられている。 
帰り際に、地蔵堂に供えていた鏡餅、それと宮本さんの自家用車に積んであった御洗米をいただいた。
●大平古池龍王神 
●椿山荘
 

トップページに戻る

インデックスに戻る


ご意見・ご感想は

kotaro@a1.mbn.or.jp

kotaro@kotaro-iseki.net

まで