[KOMIL:KOtaro's Miscellaneous 
Information Laboratory]
Copyright (C) Kotaro Iseki (1996〜2016).
All rights reserved
こたろう博物学研究所
探訪記録:20000513

トップページに戻る

インデックスに戻る

御在所山登山・野村町中筋方面散策【平成12年(2000)5月13日】


 里帰りのついでに肱川町/野村町の境界に聳える御在所山に登ることにした。

 国道56号線を南下。道の駅内子フレッシュパークからりを通り過ぎて、次の信号を左折し、小田川沿いの細い道を走る。五十崎町の小田川河川敷公園の土手にあるトイレで用を足した後、橋を渡り、県道229号線(鳥首五十崎線)に移る。国道197号線と合流したところで左折。
 本来ならばこのまま国道197号線を進み、鹿野川ダムのやや上流の久下トンネルを抜けたところから右折していくのが最も道路事情が良いのだが、たまには寄り道もよかろうと大洲市蔵川経由で御在所山まで行くこととする。
ということで、県道229号線と国道197号線との合流部に架かる大川橋を渡り終えたところをすぐさま右折して県道55線を行く。いつもはロードマップを携帯しているのだが、今日に限って家に置き忘れてきてしまった。まあ道路標識もあるだろうから迷うことはなかろうと高を括っていたのだが。地図を眺めたときの記憶ではすぐに県道44号線への左折に差し掛かるはずであった。その通り、ほぼ同じ幅員の道が二手に分かれている。しかし標識らしきものが全くない。多分ここなんだろうなと感じながらも、取り敢えず真っ直ぐに進んでみる。しかし、途中でやっぱり不安になってしまう。丁度都合の良いことに農家のおばちゃん達が道端での井戸端会議に興じている。早速車を停めておばちゃんに道を尋ねる。
「蔵川へ行くんはこの道でええんですかいねぇ」
「ありゃ、あんた行き過ぎよ。そこの道を上にのぼっていくんじゃがね。この先行ったら大洲に市内へ行くけん、大変なことになるぜぇ」
ということなので、すぐさま車をUターンさせて50mほどバックし、ファーストインスピレーション通りの道へと向かう。

 地図で眺めて想像したよりも、県道44号線は激しく狭い。そして距離も遥かに遠く感じる。九十九折れ状態であり、そして、いつまで経っても人間の存在を感じさせないほどの山の中をくねくねと進むしかない。
 途中でやっと民家らしいものに出くわした。そこの左側の道端には何やら堂が建っている。車を停めて眺めてみると、軒下に蔵川八十八ヶ所の案内図が記されている。今度、時間に余裕のあるときには是非巡ってみたいものだ。右側を見れば黄色い花を付けたツツジの木が1本。今が旬であることを見せ付けるかの如く、細い枝に溢れんばかりの花を付けている。

 しばらく進んで行くと蔵川の集落に出た。小学校も有り、ちょっとした中心地といった感じである。そこを過ぎると、またもや人気を感じさせない細道が続く。まあアスファルトがしてあるだけマシかとも思いながらも、県道なんだからせめてもう少し広げて欲しいなどと私利私欲的な思いを抱いてしまう。

 やがて、「大谷(県道308号線)、大貸・小蕨、野村・舟原(県道44号線)」の行き先が記された標識が立っている。そこを左折し、県道308号線を進み、そして肱川町大谷方面へと向かう。

 山越えの峠に差し掛かる。ここには「水が峠」の碑が建っている。この碑は、肱川町が川サミット開催を記念して平成11年9月に建立したものである。「水が峠」という名前は、その名の如く「分水嶺」を跨ぐところを指し示し、その分かれた水は別れっぱなしで二度と出会わないのが普通のような気がするが、ここで分かれた水は山を巻きながらやがて合流して同じ川の流れとなる。ここが肱川の面白いところである。

 水が峠を越えて少し下ったところから右折。こちらの方面から行った場合には、「御在所山自然の森」といった行き先表示板が背中を向けているので、通り過ぎぬよう要注意だ。僕の場合はいっぺん大谷経由で御在所山麓まで行ったことがあるので、迷い無く右折できたのだが、全くここを訪れたことがない者ならばうっかりと見過ごしてしまいかねない。

 10:47、見覚えのある場所に到着した。キャンプ場の所に車を停めて、颯爽と登山開始。西手へと延びる林道を歩いていく。山間には、伐採作業の真っ只中ということもあり、けたたましくチェンソーの音が鳴り響いている。

 10:52、御在所第一カルストの森という立て看板が見え、ここから登山道が上方に向いて続いている。カルストというと、どうも四国カルストを真っ先にイメージしてしまう。先入観でしかないのだが、「草原の中に白い石灰岩。そして上には青い空」という風景が頭の中に浮かんでくる。しかし、ここのカルストは「落葉の中に白い石灰岩。そして上には杉の小枝」であり、どうもイメージが狂ってしまう。それでも山肌に露出した石灰岩は長年の雨による侵蝕作用で独特の形、そう奇岩と呼ぶに相応しい形で森に佇み、独特の幽玄は雰囲気を形成している。本来の意味の「カルスト」を保っているとも言えよう。

 10:57、目の前に第2カルストが見えてきた。ガイドブックには掲載されていないが、この辺りまで林道が延びて来ている。どうもこう赤じゃけた土壌があちこちに露出していては、風情が損なわれるような気がしてならない。しかし、森を守るための間伐作業のためならば仕方なしか...。

 11:00、第3カルストに辿り着く。この辺りから歩道は段々平坦になり、非常に歩くのも楽になる。そうこうしているうちに、11:04〜05、第4カルストに到着。岩塊が尾根にある場合は一味も二味も違うような気がしてくる。少しでも展望が楽しめるかと、遊歩道から少し外れて、尾根沿いにルートを取って歩く。西方向の展望が開けていて、名も知らぬ山々の稜線が広がる。ただ、急峻な崖になっているので、高所恐怖症にとっては小便ちびる思いである。

 カルスト地帯を外れ、山頂へと続く遊歩道を降りて行く。すると、小祠及びコンクリートの礎石が残る場所に出る。昔は神社の社殿でも構えていたのであろう。御在所山は、その名が示す通り、公家など高貴な人々が在りし処。信仰的な要素が残っていても全然不思議な感じはしない。平家落人伝説も残っている。

 11:13、御在所山山頂到着。標高668.8m。山頂付近からの景観は残念ながら宜しくない。若干西側が開けているようではあるが、雑木が邪魔して景観を臨めない。うーん、残念。
 平家落人伝説との関連かどうか定かではないが、三角点の隣には石積みの室がある。
 さて、ここで昼食でもとろうかと思案してみるが、もう少し景色の開けたところでゆっくりしたいし、時間もちょっと早い。そこで展望台まで下りてみることにする。(展望台まで下りるというのもちょっと変な気がするが、実際ここの展望台は山頂よりも低い位置に構えている。)

 11:17、「展望台・休憩所入口」に到着。そして1分も歩かぬ内に展望台に着く。東斜面に設営されているので、展望が利くのは当然東方向のみ。天気は余り良くなく、遠景は今いちではあったが、遠くは四国カルストの姿も確認できる。
早速のメシに移る。いつもの如く、ラーメン作りにいそしむ。ここにはトイレも設置してあるので、休息をとるには好都合である。ラーメンも煮えて、食べ始めようとした矢先、「そろそろメシにしょうや」という声が響き、先程まで耳を劈くように鳴り響いていたチェンソーの音が途絶える。静けさを取り戻した森林の中での食事となり、すこしほっとした気分になる。

 11:45、昼食と食後のコーヒーが終わり、下山に移る。まさに遊歩道と呼ぶに相応しい歩きやすい道を下りて行く。途中、炭焼き窯の跡なども確認することができる。5分ほど歩くと、椿のトンネルの下をくぐることになる。もう花の最盛期が過ぎているのがちょっと残念である。重たそうな花を登山道を埋め尽くすようにいっぱい撒き散らしている。

 11:52、登山口まで下りてきた。林道と出会うこの場所には高松軽登山会の登山口標識が立つ。そして、その脇には、御在所自然の森「樹木園」と書かれた看板が立っており、ヤマモモ1,000本、ヤブツバキ1,000本、ミツバツツジ300本、ヤマハギ500本が植えられていることを示している。そして、数は少ないのだが、辺りにはシャガの花が派手なマダムといった感じで咲き誇っている。

 林道を段々と下っていく。途中、「御在所自然の森・しいたけ園 しいたけほだ木12,000本、ほだ場面積3,000u」「、御在所自然の森・山菜園」なる看板も目に留まる。自然に触れ合うための工夫を凝らしているようである。

 11:58、再び第1カルスト入口の登山口へ。そして12:00を少し回って駐車場に辿りついた。以前来た時には何だか距離が有りそうな気がして登頂を断念したが、実際に回ってみると意外と短時間で全体を巡回できるものだ。距離的にはなんだか物足りない気もしたが、他の山では滅多に見れないような風景がころがっているという点では、やはり名山と呼んでも間違いではない。



【同行者】なし
【コースタイム】
登山口→(5分)→第1カルスト→(5分)→第2カルスト→(3分)→第3カルスト→(4分)→第4カルスト→(10分)→山頂→(4分)→展望台→(7分)→登山口(林道合流)→登山口(8分)


 御在所山を後にして、来た道を折り返し、水が峠を再び越えて、次の分岐で野村町中筋方面へと折れ、県道44号線を南進する。途中、県道脇に御堂を発見。透明な水がその横からこんこんと湧き出ている。脇には次のような説明書きが記されている。
 
水地蔵の由来
昔、人々が歩いて旅をしていた時代の事でした。ここの真下にある旧道は当時、宇和島から松山に抜ける街道で、この付近の人達は大洲街道と呼んでいたそうです。又この街道は外の道よりも近いため旅人の往来が激しくて大層賑わっていたそうです。
此の街道筋には外にも冷たい飲み水は、多々あったそうですが特にここの舟坂の水はとても綺麗で水質も良くて水量も豊かでどんな日照りでもこんこんと湧き出ていたそうです。
此の水で旅人達は疲れを癒し喉を潤しては旅を続け、大層喜ばれていたそうです。その当時舟坂組の連中により湧き出でる水の上に床をつくって地蔵さんを祀ったので、水地蔵と呼ぶようになったということです。
その頃より地蔵さんに願をかけて御参りすれば、どんな病気も治して貰えるという噂が広がり始めたそうです。その噂を聞き、病気を治してもらおうとする人達が、日に日に増えていったそうです。
また、或る時手に「イボ」の出来た人が、此の水をつけたところ二、三日過ぎると不思議と「イボ」が綺麗にとれていたそうです。それを聞いた人達が大勢「イボ」を取ってもらい、それ以来人々はイボ地蔵とも呼ぶようになったということです。
以上、昔の方々の言い伝えによりここの由来として記すものなり。
追記
時代の流れによって旧道は人の通りが少なく、参拝者も少なく自然と忘れられ行く今の時世を愁いて県道筋への移転を考え昭和61年7月24日高安寺住職を迎えて現在地へ移転安置致しました。(工事は高瀬区当時の役員御一同と舟坂組組員御一同のご協力により)
又平成2年7月24日御堂建魂に付き大工、佐藤利幸氏にて建堂、島津住職を迎えて建魂式を行い多数の参拝者に御賛同戴き現在に至る。
地主藤田憲一
現住所山口市駅通り2丁目1番11号

 喉を潤した後、少し車で下ると何やら水道施設らしきものが目に入る。ここは中筋簡易水道。横には高瀬川と呼ばれる小川が流れ、やや上流には砂防ダムが建設されている。高瀬川はコンクリートで塗り固められていて風情が損なわれているのだが、岸の盛り土部分にはツツジが白・赤・ピンクに彩りを加えていて、なんとなく公園的な雰囲気を感じさせる。
 ここには次のような文が記された碑も立っている。(碑文の記載は幾分か簡略しているが...)
 
頭王簡易水道組合水源地跡

昭和33年12月に安定した飲料水の供給を目的として頭王簡易水道組合が発足した。そして、翌年11月に水源地工事を着手し、更にその翌年の昭和35年6月に第一期工事を完了し、給水を開始した。
平成6年8月に中筋統合簡易水道組合と合併し、約30年の幕を閉じた。

 しばらく車を走らせると、ちょっとした集落に出る。高瀬である。路傍の左側には藤の花に彩られた御堂、そして右側には何やら立て札が立っているので、興味をそそられ、車を停めてみる。

 御堂のほうは、「五郎兵衛堂」という名前らしい。堂の中に何やら由来らしきものが記された額がかけられている。
正保2年(1645)7月7日、蔵川村の二宮五郎兵衛と呼ばれる人物が高瀬村にある高安寺の施餓鬼行事に参会し、その帰途、急病に罹り、この堂の建っている辺りで急死した。その後、「祭りをせねば障りがある」という祈祷師の言葉に従い建てたのがこの堂である。堂内の地蔵は赤い帽子に赤い前掛けを纏い、ねんごろに祭られている様子であり、信心深い村人の実直さが伺える。
 堂の裏には見事なほど紫の花房を垂れ下げた藤が鬱蒼と茂っている。その下にはミニ八十八ヶ所霊場の仏像が涼し気な顔で立ち並んでいる。

 立て札のほうは、
 
泉貨紙製造技術伝承者菊地定重菊地家は、代々泉貨紙の手漉きを業とし、現在の定重氏で6代目となります。洋紙の普及から、泉貨紙は衰退しながらも泉貨紙に対する愛着と伝統、独特の製法を絶やしてはならないと保存伝承に努めています。
・国選択文化財昭和55年4月4日指定。町指定無形文化財昭和47年12月2日指定。

と記されている。兵藤太郎左衛門が編み出した「泉貨紙」は、今もこの地で脈々と生き長らえている。

 そこから然程距離を置かずして、右側に神社の杜が見えてくる。ここは野坂神社。鳥居の脇には大きなイチョウの木が1本聳えているので、遠くからでもすぐに場所を見出すことができる。鳥居の脇に車を停めて参道を上がって行く。参道沿いにはエビネが美しい花を咲かせている。

 野坂神社は菊理姫命、早玉男命、事解男命を祭神とする。長禄2年(1458)に紀伊の熊野本宮より勧請し、社殿を造営したと伝わる。

 特筆すべきは、この野坂神社には狛犬が多く配置されていること。合計8匹の狛犬を観察できた。小振りな境内敷地に似合わない数である。何故、これだけの数の狛犬がいるのかは興味深い。
 
 それともう一点。この神社では南予の祭りでお馴染みの鹿踊りが秋祭りで奉納される。説明書きには
 
(町指定無形文化財、昭和47年12月2日指定、野村町指定第20号)
この鹿踊りは、元和年間(1615)頃、宇和島初代藩主・伊達秀宗がこの地方を領有するようになり、祭礼行事として始めたものと伝えられている。鹿面をかむり、紅・白・黒の衣を纏い、歌と太鼓の軽やかなリズムで踊る様は何とも優雅なものである。

と記されている。

 以上で、本日の山登りプラス散策は終了。

 野村町に生まれた僕であるが、この辺りをじっくり眺めたことはこの歳になるまで全く無かった。肱川に流れ込む多くの支流沿いに集落が点在しているため、地元とはいえ、なかなか町の全域まで足を延ばすことは無いことだ。このような趣味でも持たないことには、訪れることもきっと無かったであろう。

 この町の広さ、奥深さをあらためて知らされたような気がする。
 

トップページに戻る

インデックスに戻る


ご意見・ご感想は

kotaro@a1.mbn.or.jp

kotaro@kotaro-iseki.net

まで