[KOMIL:KOtaro's Miscellaneous 
Information Laboratory]
Copyright (C) Kotaro Iseki (1996〜2016).
All rights reserved
こたろう博物学研究所
探訪記録:19980308

トップページに戻る

インデックスに戻る


 

松前町方面散策【平成10年(1998)3月8日】


1.松前城址

松前城の起源は明らかではないが、平安時代初期すでにこの地に定善寺(性尋寺、今の金蓮寺)があり、軍事・交通の要衝として境内に砦が設けられたのが始まりであろうといわれている。
松前城の文字が初めて文献に現れるのは、建武3年(1336)、祝安親軍忠状である。「大山積神社文書」によると、南北朝時代南朝方の合田弥四郎貞遠のたてこもる「松崎城」を北朝方の祝彦三郎安親が攻略したとある。
「松前」は、古来「松崎」、「真崎」、「正木」、「柾木」、「満崎」等書かれており、「松前」に定着したのは、寛永12年(1635)松平定行入国以来である。

湊川の戦に楠木正成を討った功により、砥部の豪族大森彦七が松前城主を兼ねたが、やがて荏原の平岡氏と交替する。
正平年間(1360年頃)穴草入道、同出羽守らが松前城にいたが、南朝方で九州に赴いていた河野通直が大兵を率いて松前浜に上陸、松前城を攻略した。
以後、松前城は河野氏の本拠湯築城の西方海上防衛の出城となった。
その後、河野氏の武将栗上因幡守通宗、同但馬入道通閑らが松前城にいたが豊後の大友氏、安芸の毛利氏、土佐の長宗我部氏らが相次いで侵攻し来り、松前城攻防の激戦が幾度となく繰り返された。
天正13年(1585)、豊臣秀吉の四国征伐があり、河野通直は侵攻群総帥小早川隆景の軍門に降って栗上氏らと共に安芸竹原に退去した。
天正16年(1588)、栗野木工頭秀用が松前城主となったが、秀次事件に連庄除封された。文禄4年(1595)、加藤嘉明が淡路志智城より6万石をもって松前城に入った。翌慶長元年(1596)、嘉明は足立重信らに命じ金蓮寺を現在地に移転、伊予川を改修して城郭及び松前港の大拡張を行った。
松前城の規模は明確ではないが、地の利を得て自然の要害堅固の城であった。慶長2年(1597)には嘉明は松前城を根拠地として2400余名の将兵を率いて朝鮮に出兵した。
慶長5年(1600)関ヶ原の戦に嘉明は東軍に従って出征したが、留守に毛利勢3000が三津浜に上陸、河野氏の残党と松前城をうかがったが佃十成らの勇戦により撃退した。
関ヶ原の功により20万石となった嘉明は慶長8年(1603)松山城に移り、松前城は廃城となった。
天保以降二の丸を耕地化し、余り土を盛った所が現在地である。
明治42年耕地整理により様相は一変し、大正11年11月23日龍燈の松が倒壊して松前城を偲ぶものがなくなった。
大正14年10月記念碑を建立し、昭和44年町指定史跡となった。

●塙団右衛門

安土桃山時代の武将。出生は明らかではないが1550年頃、遠江に生まれたといわれる。名は直之、18歳の頃、織田信長に仕えた。義侠心に富み、友情は厚かったが、直情__、独断__するところがあった。やがて士分に取り立てられたが、酒豪で酒癖が悪く泥酔して人と争い傷つけたので追放された。
その後、京阪を徘徊していたが、ふとした縁で加藤嘉明に仕え、順次大功をたて累進し銃隊長となった。以来、嘉明に従って各地を転戦し大豪の士として認められるに至った。
数々の武功により禄千石を食むようになったが、____、嘉明の軍令を守らず、__の傾向があったため、嘉明に「生涯人の将たり得ず」と罵られて激怒し、床柱に「遂不留江南野水 高飛東海一閑鴎」と墨書して松前を去った。松前を去るにあたり、団右衛門が城を懐かしんで小川の橋の上に佇み、名残を惜しんだ石橋が平田東助撰文の「義農頌徳碑石」であると信じられている。
流々の後、豊臣家に仕え、大阪夏の陣では部下3000余騎を率いて勇戦奮闘したが、元和元年(1615)5月敗死した。


2.大念寺

●坪内寿夫翁頌徳碑

●句碑


3.中村草田男寓居趾


4.住吉神社

●松前町制実施記念碑


5.瀧姫神社/松前港/天保山

●坪内寿夫翁頌徳碑

●「珍味発祥之地」の碑

●歌碑


6.妙寛寺


7.長尾谷川/ダンダラ川

●長尾谷橋

●長尾谷川

●ダンダラ川


8.金蓮寺


9.長徳寺


10.不動院

●路傍の権現


11.八幡宮


12.大智院

●後藤又兵衛の墓

●雪勝の桜


13.善正寺


14.矢野地蔵


15.義農作兵衛終焉の地


16.国近川

●古城橋


17.和多都見神社


18.塩屋公園

トップページに戻る

インデックスに戻る


ご意見・ご感想は

kotaro@a1.mbn.or.jp

kotaro@kotaro-iseki.net

まで